シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

疲れへの具体的対処法(副交感神経型2)

シェアする


規則正しい睡眠をとろう
!

副交感神経型の疲れでは副交感神経の緊張が長期間続くので、血管の拡張状態が常態化して血流の停滞が続いて体温が少しずつ下がり始めます。
ポイントもちろん体を動かせば血流は良くなりますが血流の停滞が常態化しているためそれだけでは大きな効果は規定できません。
副交感神経の過緊張が継続しないようにするために体内時計のリズムを整えることが必要です。

数週間から1月ぐらいの時間をかけてしっかりと体のリズムを取り戻し、交感神経と副交感神経のスイッチングがスムーズになるように調えましょう。

早起きする男性

早起きしてアクティブな生活を!

そのためには早起きしてしっかり太陽の光を浴びて、日中はできるだけ体を動かすようにする生活を継続する必要があります。
ですから、できるだけ早い時間に寝て(10時〜11時くらいには寝るようにしましょう)、個人差はありますが6時間〜8時間の睡眠をしっかりとるようにしましょう。

また、睡眠の質を上げることも大切です。
寝る直前までスマートフォンやパソコンをいじるのをやめて、寝る前に軽いストレッチをするようにしましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする