シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

朝の目覚めの悪い人の体をいたわる習慣2

シェアする


血圧ではなく自律神経の切り替えが重要

朝、目がパッと覚めてすぐに活動できる人と、目が覚めても体が重くなかなか動く気になれない人がいます。
この差はなんでしょうか?
アドバイスする女性実を言うとこれは自律神経の切り替え力の差なのです。
自律神経のうち睡眠中に優位になる副交感神経から起きているときに優位になる交感神経への切り替えがうまくいくスムーズな人とうまく人といかない人の差なのです。

つまり、朝の目覚めが悪い人は副交感神経から交感神経への切り替えを上手にサポートしてあげることで目覚めが良くなるのです。

そのために寝起きに「コップ1杯のお水」を飲みましょうという人がいます。
もちろん、水を飲むことでも交感神経への切り替えをサポートできるのですが、できればスムージーのような粘性のあるものを飲むようにしましょう。
果物・ナッツ・スムージー粘性があるものの方が胃腸にとどまる時間が長いため内臓の働きをより活性化してくれます。
また、脳のエネルギーになる糖質補給として果物、ビタミンB1の補給として松の実やカシューナッツをスムージーの中に入れると良いでしょう。

果物の中に含まれる果糖は糖質の中でも吸収の速い糖質ですし、ビタミンB1は糖質の代謝を助けてくれます。目覚めのスムージーで自律神経のスイッチングをサポートしてしっかり目を覚ましましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。