シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

酸素不足を脱出するために6

シェアする


内臓に刺激を与えよう1

内臓の血流状態が悪くなると内臓での酸素や栄養の不足を引き起こします

アドバイスする女性

内臓に適度な刺激を与えてあげましょう。
運動をする習慣がある人は飛んだり跳ねたりする中で自然に内臓が揺らされるので、内臓には適度な刺激が加わるので内臓の血流が良くなります。

しかし、普段デスクワークが多く運動習慣がなかったりすると、内臓への刺激が不足して内臓の血流が悪くなって、酸素不足、栄養不足になって内臓の機能が低下して便秘、軟便、基礎代謝の低下による冷えなど様々なトラブルが起き始めます。

普段運動する習慣のない人は。1日数回軽いジャンプをするようにしてみましょう。
高く飛び上がる必要はありません。
足が床から数センチ離れる程度の軽いジャンプをトントンと繰り返すだけです。

ジャンプする男の子

体重が重く、膝への負担が大きい人は、脚を伸ばしたままカカトだけを上下させても良いでしょう。
無理して頑張る必要はありません。

最初は数回程度から始めて、気付いた時にトントンとジャンプしてみましょう。
慣れてきたら1日合計して300回〜500回ぐらいを目標にしてみましょう。

軽いジャンプをするだけで、体重の6倍以上の負荷で下半身の大きな筋肉を動かすので、効率よく筋肉が鍛えられるばかりでなく、有酸素運動にもなりますので酸素摂取能力も次第に高まっていきます。
無理のない範囲で継続して、1回1分を数回繰り返せるようになることを目指しましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする