シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

いつもダルい人の体をいたわる習慣

シェアする


体のケアはしているのに・・

アドバイスする女性

  • なんだかいつも体がだるい
  • マッサージをしてもダルさが取れない
  • ゆっくりお風呂に入ってもダルさが取れない
  • たくさん眠ったのにダルさが取れない

こんな慢性的な「ダルさ」を抱えている人も多いようです。

「ダルさ=疲れ」と考えて、マッサージをしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、眠ったり・・・様々な工夫をしても全然ダルさが取れない人は、エネルギーを作り出すTCA回路(クエン酸回路)働きが低下している可能性があります。

TCA回路は3種類あるエネルギー生産回路のうち酸素を使ってエネルギーを作り出す回路です。
TCA回路の働きが低下してしまうと、栄養素エネルギーを効率良く作り出せなくなってしまいます。

このTCA回路の働きに欠かせないのがビタミンB群です。
特にビタミンB1が不足すると糖質からエネルギーを作り出す効率が低下してしまうので、慢性的に体のだるさを感じたり、集中力が低下したり、気力が続かなくなってしまいます。
豚3また、ダイエットなどで糖質カットをしたりしても同じです。
ちなみに、ビタミンB2は脂質、ビタミンB6はタンパク質の代謝に強く関わっています。

ビタミンB群はエネルギー代謝に強く関わるビタミンなので、体のダルさを慢性的に感じる人は積極的に摂るようにしましょう。
ビタミンB1はゴマ豚肉に豊富に含まれていますが、ビタミンB1は水溶性ビタミンなのですぐに体外へ排泄されてしまいます。

アリシン(タマネギやネギなどの臭味成分)と一緒に食べることで体内に長く体内に止めることができるので、タマネギやネギと一緒に摂るようにしましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする