シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

体のケア-血流悪化=疲れの原因・・自分のタイプを知っておこう!!

シェアする


【疲れの原因・・自分のタイプを知っておこう!!】

人の体には自律神経(交感神経+副交感神経)という体の各組織を自動調整してくれている神経があります。

交感神経は主に昼間に働いて体を活動的な状態にします。
交感神経が優位になると心拍数が増加し、呼吸が速くなり、心身ともに興奮/快活の状態になります。

副交感神経は主に夕方から夜に働いて、副交感神経が優位になると体がリラックスモードになります。
心拍数が減少し、呼吸はゆっくりになります。胃腸の働きが活発になり、消化を良くします。

この交感神経と副交感神経は1日中、シーソーのようにバランスを取りながら働いています。
このバランスが良い時は体の調子も良くなります。

ところがこのバランスが崩れて、どちらか一方に偏った状態に陥った時、そして、それが継続するようになると、それぞれの特徴的な疲れが現れるようになるのです。
つまり、疲れには交感神経優位型と副交感神経優位型があるのです。

疲れの種類2

「交換神経型の疲れの特徴」

「忙しすぎていつも疲れているタイプ」といってもよいでしょう。
交感神経は「元気」や「やる気」を引き出す神経ですから、交感神経が優位な状態にあると、活動的で動作は機敏、歩く速度や食べるスピードも速くなりがちです。

交感神経型の人は睡眠時間や入浴時間も短い傾向にあるようです。
ただし、このような生活が続くと体に負担がかかってきます。

また、それほど活動的ではなくても、精神的なストレスが大きかったり、持病などで薬を常用している人も、交感神経が常に優位になり、交換神経型の疲れを引き起こしやすくなります。

  • 血流が悪く、体が重く感じる、こりを感じやすい
  • 気分がイライラして怒りっぽい
  • 肌の調子が悪く、吹き出物などがでやすい
  • いびきや歯ぎしりがある
  • 血圧や血糖値などが高い
  • 興奮して夜眠れなくなったり、寝つきが悪い

「副交換神経型の疲れの特徴」

簡単に言えば「興奮不足」の状態です。
このタイプの人は、「体を動かすと、すぐに疲れ」てしまいます。
体を動かす機能や筋力が低下しているのですぐに疲れを感じてしまうのです。

  • 少し動くだけで疲れる
  • やる気が起こらない
  • 気分が落ち込む
  • 朝起きるのがおっくう
  • 筋力が弱って、肩・背中・腰が痛い
  • 下痢をしやすい

このタイプの人は「体力がない」と思い込んでる場合が多いのですが、もともと体力がないのではなく、自律神経のバランスがよくなると、体力がついて疲れにくくなります。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする