シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

反復孤発性睡眠麻痺

シェアする


金縛りって・・

アドバイスする女性

「金縛り」は幽霊や悪魔などが起こす超常境現貌象だと考えられてきましたが、最近では睡眠麻痺という睡眠障害の1つと考えられています。
ナルコレプシーなどの病気でないのに、睡眠麻痺を繰り返す症状を反復孤発性睡眠麻痺といいます。

レム睡眠中は夢を見ることが多く、体は動かないのに脳がかなり活動しています。
このときに、脳だけ覚醒すると睡眠麻痺が起こります。睡眠麻痺が起こっている間は、ほとんどの筋肉を動かせません。

目やまぶたが少し動かせる程度です。呼吸するための筋肉は動いていますが、息苦しく、胸を圧迫された感じがします。
この時、変なものが見えたり聞こえたりする幻覚や幻聴を多くの人が経験します。

この状態が数秒~数分間続いた後、自然に体が動くようになります。
誰かに人に体をさわれられたり話しかけられたりすることや、本人が強くい意思をもって動こうとすることで体が動くようになることもあります。

睡眠麻痺の予防法

不眠・寝苦しい女性

睡眠麻痺の原因として

  • 睡眠の質が低いこと
  • 睡眠時間が不足していること
  • 日中に睡眠をとりすぎること

などが考えられます。

これらにより睡眠の後半に多くあらわれるはずのレム睡眠が、就寝直後からあらわれてしまうようになるからです。
ですから、睡眠の質を改善するために、入浴前にぬるめのお湯に20分以上浸かったり、入浴後に軽いストレッチをする、睡眠環境を整える(電気を消して寝る、落ち着く雰囲気作り)、睡眠時間を意識的に十分に取ること、昼寝の時間を短くするなどを心がけてください。

また、その他

  • 時差ボケのときに体内時計を急にリセットしようとする
  • ストレスが強い時に仰向け寝でねる
  • 偏執的あるいは妄想的な性格傾向がある
  • 躁うつ病や精神安定剤の使用

なども関係があると言われています。

精神的な負担が大きい場合は早めに医師に相談してみましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする