シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

コミュニケーションで対象者の「普通を知る」ことの大切さ

シェアする


ノンバーバル(仕草など)から対象者の真意を読み取るために大切なのは、「~をした」という行為単体を見つけるのではなく、対象者の「普通の状態」を観察して把握しておくことです。
ですから、「相手の真意」を読み取ろうとする必要ありません。
習い事pointまずは、対象者の癖など、傾向を探しましょう。その人が「~な人だ」と感じる印象がどんなボディーランゲージから生じているのかを見つけてみましょう。

ノンバーバルを理解するステップ

【ステップ1:相手を観察して把握しましょう】
  • 対象者の「普通の状態」把握する
  • ノンバーバルを正確に読み取る
  1. 対象者を観察する習慣を身につける
  2. その人が「~な人だ」と感じる印象がどんなボディーランゲージから生じているのかを見つけておきましょう。
    へその向きを観察する、下半身、特に局部を観察してみましょう。
  3. 対象者が左右のどちら側を好きか観察してみましょう。
  4. 対象者の表情を観察してみましょう。

    相手を観察しよう

    相手を観察しよう

【ステップ2:得た情報を元にテストをしてみましょう】
  • ノンバーバルを使いこなす
  • 最適なノンバーバルを自分の意志で表現、アピールできる
  • 良好な人間関係を構築、維持する
    状況を把握し、ノンバーバルも含めて対処する能力を身につけることで、良好な人間関係を構築、維持する自信が育まれます。
  1. ノンバーバルやジェスチャーを試してみましょう。
  2. 効果的な質問で相手をしてみましょう。
    相手を観察して、ノンバーバルについての具体的な知識を持っていれば、その知識基づいて、言動をとることで良好な人間関係を産み出しやすくなります。人間関係をつくること、自己主張をすることに対する苦手意識もなくなっていくでしょう。

[ad#as-01]