「 」一覧

過剰な不安の原因と対処2

過剰な不安の原因と対処2

不安や不安定な感情を発生させる原因として代表的な食品は精製された砂糖やデンプンがたっぷりの食品です。
ファーストフードなどのいわゆるジャンクフードには、これらの食品がたっぷり使われています。ビタミン、ミネラル、ファイバーなどが著しく不足している上、白砂糖や精製されたデンプンが大量に含まれているので血糖値を急激に上昇させてしまいます。

マンツーマンでコミュニケーションって学べますか?

マンツーマンでコミュニケーションって学べますか?

コミュニケーション・レッスンは基礎編・発展編・応用編とあります。レッスンを受ける方に合わせて必要な知識をご提供しています。コミュニケーションの練習相手がいないと練習できないと感じる人もいらっしゃるようですが、必要な場合は講師がロールプレイングの相手をつとめたり、その動画を利用して自分の会話を観察したりという練習をおこなったり、イメージやシナリオを使った一人でできる練習方法もお伝えします。

習い事はマンツーマンですか?

習い事はマンツーマンですか?

心のための習い事には2つのスタジオがあります。Mスタジオでの習い事は基本的にマンツーマン、Cスタジオで行なっている習い事は基本的に講座形式で複数人が一度に習い事を受けられます。ある程度はご希望に沿うようにいたしますので、疑問を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

何をやっているところですか?

何をやっているところですか?

心のための習い事では人をより健康で幸せにするための習い事の提供や情報発信を行なっています。心の状態をより良い状態に保つためには体の機能向上への取り組みやケアが欠かせなかったり、より健康的な食事を選択できるようになることも重要です。また不要な揉め事を避けたり、人間関係を良好に保ったり働きやすい環境を作るためにコミュニケーションスキルの向上も欠かせません。

疲れタイプ分類テスト

疲れタイプ分類テスト

疲れのタイプには「交感神経型疲労タイプ」と「副交感神経型疲労タイプ」「自律神経スイッチング不良タイプ」の3つがあります。Aが多かった人は「交感神経型疲労タイプ」、Bが多かった人は「副交感神経型疲労タイプ」です。AとBの数にあまり差がなく体調が悪い人は、「自律神経スイッチング不良タイプ」です。

過剰な不安の原因と対処1

過剰な不安の原因と対処1

過剰な不安が継続する原因はその人の性格的なものだと考えがちですが、実は脳の栄養不足や脳内物質バランスの崩れが原因である場合も少なくありません。
そんな場合は心構えや考え方を何とかしようとしても効果は期待できません。不安を軽減するために必要なのは脳に必要な栄養を供給し、脳内物質のバランスを回復することなのです。

疲れが取れやすい体を作ろう30

疲れが取れやすい体を作ろう30

体は自律神経を調整して体温を一定に保とうとするのですが、体温の変化激しいと自律神経の切り替えが激しくなるので疲れてしまいます。こんな状態がつづくと自律神経のスイッチングがうまく働かなくなってしまいます。人間の体が急激な温度変化に対応できるのは5℃以内といわれています。それ以上の変化を繰り返し受けていると、次第に自律神経のスイッチング機能が低下してしまうのです。

心と自律神経と免疫力

心と自律神経と免疫力

背骨の中を通り体の各パーツに信号を送っている自律神経には交感神経(体のアクセル)と副交感神経(体のブレーキ)があります。
 交感神経が優位に傾き過ぎると、イライラしたり、疲れが取れなくなったりします。
交感神経の働きが悪くなると、やる気が出なくなったりします。現代の生活では交感神経が優位になりすぎて、副交感神経とのバランスを崩すことで体調や心の状態を崩してしまうことが多いようです。交感神経が優位になると、免疫機能のうち顆粒球と呼ばれるものが増加し、副交感神経が優位の時はリンパ球が増加することがわかっています。

疲れが取れやすい体を作ろう29

疲れが取れやすい体を作ろう29

自律神経は天気からの影響も強く受けています。晴天の日は交感神経が優位になって活動的に動き回るための準備をしますし、雨が降ったり曇ったりすると副交感神経が優位になって休息の準備をしたり、ケガや病気の予防をします。ですから交感神経過剰型の疲れを抱えている人は天気が良いとイライラし、反対に副交感神経過剰型の疲れを抱えている人は天気が悪いとやる気がなくなってしまうのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告