「 」一覧

疲れが取れやすい体を作ろう21

疲れが取れやすい体を作ろう21

上手に疲れを解消するために湯船にシッカリつかる習慣を身につけましょう。
「疲れがとれない」と嘆いている人の多くは、湯船につからずシャワーだけで済ませてしまっているようです。夜の入浴時にゆっくり湯船につかることで副交感神経の働きが活発になります。
副交感神経の働きが活発になると筋肉が弛緩して柔らかくなって血流が良くなるので、疲労物質が筋肉から流れ出して疲れがとれやすくなります。

食べ物と性格1

食べ物と性格1

心は脳という臓器の働きで生まれます。
心は脳で作られた電気信号が神経回路を通って体パーツに信号を出して動かし、その感覚を脳にフィードバックすることで感じるのです。
つまり心の不調は脳の働きの不調ともいえるのです。
ですから、心の不調を考える場合、脳の働きの不調の原因を考える必要があるのです。

疲れが取れやすい体を作ろう20

疲れが取れやすい体を作ろう20

疲れを効果的に回復させるためには質の高い睡眠をとることが必須です。
そのために枕を変えたり、ぬるめのお風呂にゆっくり入るなど、睡眠中や睡眠前に何かをして睡眠の質を高めるようとする人は少なくないでしょう。しかし睡眠の質を高めるためには睡眠中や睡眠前だけでなく、生活習慣全般を見直す必要があります。
特に光との付き合い方を考えることはとても重要です。

疲れが取れやすい体を作ろう18

疲れが取れやすい体を作ろう18

お酒を飲むとリラックスしてくるのですが、アルコールには興奮作用があるので、排泄反射がおさまると交感神経が刺激されて興奮してしまいます。
アルコールを飲んでから大体2〜3時間で交感神経が優位になってくるので元気になってくるのですが、その後も飲み続けると、さらに交感神経が刺激されて過剰に興奮してしまうのでストレスを感じ始めてしまいます。

疲れが取れやすい体を作ろう17

疲れが取れやすい体を作ろう17

疲れた時に何かを口にして疲れを取ろうとする人は多いのではないでしょうか?血糖値が下がったことで起こる倦怠感、集中力や気力の低下の解消、交感神経過剰が続いたことで血流が悪化して溜まった疲労物質を、血流を回復させて取り除くことにつながるからでしょう。ただし栄養素にはそれぞれ役割があるので、疲れた時に何を食べるかでその効果が異なります。どんな時に何を食べたら良いのかを考えてみましょう。

疲れが取れやすい体を作ろう16

疲れが取れやすい体を作ろう16

夕方以降に働くことで睡眠準備の時間が不足して、睡眠の質が低下、睡眠時間が短くなると、体をシッカリと回復させられなくなり、疲れが残った状態で働き続けることになり、疲れがドンドン溜まってしまうことは、前回お伝えしました。しかし、夕方になったら仕事をやめて睡眠の準備を始めましょうといっても、「そんなことできるわけないよ」と思う人も少なくないでしょう。
そんな人は、ぜひ仮眠を取ってください。

疲れが取れやすい体を作ろう15

疲れが取れやすい体を作ろう15

体内時計のリズムに逆らってしまうと、体が回復の準備ができなくなってしまいます。そんな生活が続くと体に負担がかかるので、夕方から夜にかけて体を重く感じてしまいます。睡眠中に体の回復をうまくできなくなるので、体の機能もドンドン低下していきます。それにより心身のパフォーマンスが低下して仕事の効率も悪くなり、余計な失敗失敗を引き寄せてネガティブな心の状態が続いてしまいます。

疲れが取れやすい体を作ろう14

疲れが取れやすい体を作ろう14

目の疲れが眼球の疲れにとどまらず全身の疲れや大きな病気にもつながる可能性があるということは前述しました。たかが目の疲れと侮らないで、パソコンやスマフォを連続使用するときは、1時間に1回は意識的に目を休息させる習慣をつけましょう。その時にご紹介する目の体操をすることで、効果的に目の疲れを回復させることができます。目の疲れをできるだけ素早く解消して、交感神経過剰による疲れを予防してください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告