「 疲れケア 」一覧

疲れが取れやすい体を作ろう26

疲れが取れやすい体を作ろう26

疲れに強い体を手に入れるためのポイントは「①自律神経」「②エネルギー代謝」「③免疫」の3つです。ここではその中のひとつ免疫機能について考えてみましょう。免疫機能とは自己防衛機能(ケガや病気にならない力)と自己再生機能(体を修復する力)の2つです。自己防衛機能は外部から体に侵入してくる外敵や異物(細菌・ウィルス・体に不要な物質など)から体を守る働きです。


疲れが取れやすい体を作ろう25

疲れが取れやすい体を作ろう25

ここではエネルギー代謝について考えてみましょう。
エネルギー代謝がうまく働かないと疲れやすくなる上、疲れが長引くようになります。
運動習慣がない人が疲れやすくなったと感じる場合、長時間の軽度な運動を続けるという機会がないのに疲れを感じるわけですから、糖質のエネルギー代謝がうまくいかなくなった可能性が高いと考えられます。

疲れが取れやすい体を作ろう24

疲れが取れやすい体を作ろう24

疲れに強い体を手に入れるためのポイントは「①自律神経」「②エネルギー代謝」「③免疫」の3つです。この3つの働きをよく理解して上手に働きかけることで、疲れをシッカリと回復させることができるようになります。疲れをしっかり回復させることは、今の自分の心身の機能を最高レベルで引き出すことができるようになります。

疲れが取れやすい体を作ろう23

疲れが取れやすい体を作ろう23

「忙しくてゆっくり食事を食べている時間なんてないよ!」という人も多いのではないでしょうか?しかし忙しい人だからこそ、時間をかけてゆっくり食べて欲しいのです。
忙しい人は絶えず交感神経を酷使する、交感神経型の疲れが多いので、副交感神経を優位にするために、ゆっくり時間をかけて体を休める必要があります。ですが忙しい人は体を休める時間を取る事ができず、副交感神経を優位にする時間が短くなってしまいがちなのです。

疲れが取れやすい体を作ろう22

疲れが取れやすい体を作ろう22

この一週間どれだけ笑いましたか?すぐに思い出せないなら、あなたには笑いが不足しています。
そんな人は笑うためにどんなことができるか考えて、それを実行してみましょう。コメディー映画や漫才のDVDを借りてきてみても良いでしょうし、家族や友達に、笑えた話を教えてもらっても良いでしょう。どうしても笑えない場合は、とりあえず笑ってみましょう。

疲れが取れやすい体を作ろう21

疲れが取れやすい体を作ろう21

上手に疲れを解消するために湯船にシッカリつかる習慣を身につけましょう。
「疲れがとれない」と嘆いている人の多くは、湯船につからずシャワーだけで済ませてしまっているようです。夜の入浴時にゆっくり湯船につかることで副交感神経の働きが活発になります。
副交感神経の働きが活発になると筋肉が弛緩して柔らかくなって血流が良くなるので、疲労物質が筋肉から流れ出して疲れがとれやすくなります。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告