「 幸せ+-心と食べ物 」一覧

アート脳を鍛えよう6

アート脳を鍛えよう6

目を閉じて視覚情報をシャットアウトすることで、香りや味、食感などをより強く感じることができます。
また、「食べる」という生き物にとって大きな喜びを充分に感じる習慣をつけることは、生き物として充分に満たされ、満ち足りた幸せな感覚を感じるために、とても重要なことです。食事という喜びを五感を使って充分に味わう習慣をつけましょう。

睡眠の質を向上させて幸せ+6

睡眠の質を向上させて幸せ+6

起きていなくてはならないのに眠気に襲われてしまった時、コーヒーやお茶などのカフェインを含んだ飲み物を飲む方は多いのではないでしょうか?

カフェインが効果を発揮する時間は年齢と肝機能の高さで変わるので、若い人で30分~2 時間程度、 高齢者で4 ~5時間程度になります。気をつけてほしいことは同じコーヒーでも豆の産地や種類、お湯の温度、抽出時間、抽出量でカフェインの量に大きな差があるということです。

酵素を活用して幸せ+

酵素を活用して幸せ+

酵素には大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」があります。
消化酵素は食べ物を消化する時に使われ、代謝酵素は栄養素をエネルギーに変換する時、皮膚の新陳代謝、免疫力の強化、血液の循環などの体の様々な働きを助けています。
人はこれらの酵素の働きがなくては健康を維持できません。酵素の生産量は加齢により減少していきます。
酵素の生産量は20歳をピークにして40代と70代で急激に減少するといわれています。

やる気と元気を取り戻す方法

やる気と元気を取り戻す方法

ストレスへの影響を下げるための方法はたくさんありますが、臓器という側面からのアプローチでは副腎の状態をベストに保つことがとても重要です。
副腎は腎臓の上にある臓器です。とても小さな臓器ですが、やる気と元気を作り出すとても重要な臓器なのです。
興奮剤を使って無理りやり一時的に回復させてしまうと、更に副腎を疲弊させてしまうので注意が必要です。そのために役立つ安全な栄養素にはアダプトゲン、アミノ酸、ビタミンがあります。

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー4

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー4

NADH(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド=ナドエイチ)すべての細胞に存在していて、酸化還元という生命の基本的反応を助ける酵素反応の補酵素(酵素反応を助ける物質)です。 NADHを必要とする酵素は200以上あり、触媒として働く化学反応も1000を超えると言われています。
ニコチンアミドはナイアシン(ビタミンB群の仲間)ともいいますが、このナイアシンとアデニンがくっついてNADHができます。


脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー3

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー3

コエンザイムQ10はエネルギーをつくるために必要な補酵素です。
強い抗酸化作用も併せ持っているので生活習慣病や老化の予防にも役立ちます。コエンザイムQ10は細胞の中にあるミトコンドリア(エネルギー生産工場)で活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出しています。
コエンザイムQ10の1日摂取目安量は60~100mgとされています。コエンザイムQ10は、ウシ、トリ、ニシン、サケ、レバー、酵母、ダイズ、ナタネ油、動物の内臓に多く含まれます。塩辛やモツ煮込みには多く含まれています。

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー2

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー2

ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助ける上、強力な抗酸化作用を持っています。
肌にハリを与え、シミを予防し、骨を丈夫にしてくれます。さらに免疫力を高めストレスへの抵抗力を高もめめてくれます。
ビタミンCは水溶性なので摂りすぎても排泄されてしまうので過剰症の心配もありません。ビタミンCは皮膚や血管の老化を防いで免疫力を高めてくれます。
コラーゲンの合成にも必要です。

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー1

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー1

パントテン酸はビタミンB群のひとつで、エネルギーの代謝を助ける働きがあります。
そのほか、抗ストレス効果や、動脈硬化を予防する効果があり、全身の細胞で健康維持のために働く大切な栄養素です。パントテン酸は様々な食品に含まれていますし、腸内細菌の働きによって体内でも合成することができます。
水に溶けやすく、熱・酸・アルカリに弱いため、調理や加工によって損失しやすいのが特徴です。
またカフェインやアルコールの摂取により、パントテン酸を消費されてしまいます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告