「 幸せ+-身体-ボディーワーク 」一覧

読み取る脳力を高めよう

読み取る脳力を高めよう

読みとるスピードをアップするためには
、1.脳内の言葉の処理スピードを上げる方法
、2.目から入った情報の認識スピードの向上
という2つの方法があります。もちろん、両方のスピードが向上するほうが良いのですが、1より2に取り組むほうが早く効果が上がる傾向がありるようです。
ですから、今回は目の動きをよくして、滑らかに素早く文字情報を読み込むためのトレーニングをご紹介します。

簡単な体操で血流改善&腸刺激

簡単な体操で血流改善&腸刺激

仰向けになって両手両足を垂直に上げたまま、手足をブルブル震わせる運動です。手足を心臓より高い位置に持ち上げてバタバタさせるだけの簡単な体操です。無理せず、定期定期に続けることで血流やリンパの流れを改善する効果あり、腸への適度の刺激も起こるので、腸の働きの活性化にも役立ちます。また血流と肥満には密接な関係がるので肥満の予防や解消にも役立ちます。

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動4

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動4

神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加するので、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークが増加するかは、どんな刺激があったかによって変わります。動き、反射、駆け引き、左右差など様々な<普段行わない刺激を脳に与えて脳に刺激を与え心と体の機能を高めていきましょう。今日は「音認識と動作の連動4」をご紹介します。

心のためのボディーワーク・・視覚と動作の連動1

心のためのボディーワーク・・視覚と動作の連動1

神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加するので、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークが増加するかは、どんな刺激があったかによって変わります。動き、反射、駆け引き、左右差など様々な<普段行わない刺激を脳に与えて脳に刺激を与え心と体の機能を高めていきましょう。今日は「視覚と動作の連動1・・ミラーリング」をご紹介します。

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動3

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動3

神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加するので、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークが増加するかは、どんな刺激があったかによって変わります。動き、反射、駆け引き、左右差など様々な<普段行わない刺激を脳に与えて脳に刺激を与え心と体の機能を高めていきましょう。今日は「音認識と動作の連動3・・アナログ時計」をご紹介します。

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動2

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動2

神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加するので、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークが増加するかは、どんな刺激があったかによって変わります。動き、反射、駆け引き、左右差など様々な<普段行わない刺激を脳に与えて脳に刺激を与え心と体の機能を高めていきましょう。今日は「音認識と動作の連動2」をご紹介します。

心のためのボディーワーク

心のためのボディーワーク

脳には1000億を超える神経細胞があります。神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで、見る、聞く、記憶する、思考する、判断する、会話する、運動するなどの様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加し、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークを使うかは、どんなことに関心や興味を持って、何を意識して、何に集中して、どんな感情や感覚を味わうかによって変わってきます。

体の感覚を分散させて幸せ+

体の感覚を分散させて幸せ+

重度のうつ病患者さんに、「目を閉じて・・右の足の指がどこにあるかわかりますか?」と尋ねると、「良くわからない」と答える方がほとんどです。体を刺激したり、動かしたりしながらそこへ意識を向けることで、「辛さ」「悲しさ」「苦しさ」「不安」「怒り」「憎しみ」といった感情を表す体の感覚から意識を分散していく練習をして、ネガティブな感情を分散させるトレーニングをしていきましょう。

NO IMAGE

心のためのボディーワーク・・・音認識と動作の連動

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。 脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は声と音声認識と動作をミックスして行います。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告