「 幸せ+-身体-ストレッチ&コントロール 」一覧

腰が痛い人の体をいたわる習慣

腰が痛い人の体をいたわる習慣

お腹周りの筋力低下が原因で腰痛になっている人がサポーターなどを使って痛みを軽減しようとすると、さらに筋力が低下してしまうので腰痛がひどくなってしまう可能性があります。お腹周りの筋力が低下して腰痛が起きている人はお腹周辺の筋力を軽減・解消することができるので、お腹周辺の筋力アップを目指しましょう。お腹周りの筋力アップのためにオススメなのがドローインです。 ドローインをすることで腹圧(内臓の位置を保つ力)が向上し、お腹側だけでなく、内臓を取り囲む筋肉(背骨側の筋肉など)も鍛えることができます。

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+④

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+④

体幹を捻るストレッチのコツは骨盤(腰)を固定したまま肩を水平に捻ることです。体幹の土台である骨盤を回すと骨盤ごと背骨が回ってしまい、脊柱周りのストレッチになりません。うまくいかない人は、最初椅子に座って行うと骨盤を固定した感覚を得られやすいでしょう。ここで知っておいていただきたいのは、腰椎(腰の骨)は横にねじれないという事です。

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+③

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+③

「体幹ストレッチで大切な事」・・体幹のストレッチを効率よく行うためには。脊柱周り、骨盤周り、肩甲骨まわり、股関節周りのどの部位をストレッチしているのか意識して各パーツごとに丁寧に行うことが大切です。今日は体幹のストレッチ(体幹側屈:脊柱と骨盤)をお伝えします。

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+②

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+②

「体幹ストレッチで大切な事」・・体幹のストレッチを効率よく行うためには。脊柱周り、骨盤周り、肩甲骨まわり、股関節周りのどの部位をストレッチしているのか意識して各パーツごとに丁寧に行うことが大切です。今日は体幹のストレッチ(体幹伸展:脊柱と骨盤)をお伝えします。

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+①

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+①

「体幹ストレッチで大切な事」・・体幹のストレッチを効率よく行うためには。脊柱周り、骨盤周り、肩甲骨まわり、股関節周りのどの部位をストレッチしているのか意識して各パーツごとに丁寧に行うことが大切です。今日は体幹のストレッチ(体幹屈曲:脊柱と骨盤)をお伝えします。

伸びやすい体を手に入れて幸せ+

伸びやすい体を手に入れて幸せ+

伸びやすい体を手に入れて幸せ+・・体幹を自在に動かせないと重心の移動がスムーズにいかなくなって体に無理がかかり、故障しやすくなったり、背骨のS字カーブがうまく作れなくなって腰を痛めたり肩こりがひどくなったりすることもあります。体幹を意識してストレッチを行って伸びやすい体、健康で若々しい体を手に入れましょう!

ストレッチを生活に取り入れて幸せ+(仕組みとコツ)

ストレッチを生活に取り入れて幸せ+(仕組みとコツ)

体の柔らかさを決める要因は「筋肉、腱、靭帯、筋膜などの組織」の「伸びやすさ(弾力)」「脱力具合」などです。ストレッチを行った直後は柔軟性が向上しますがすぐに戻ってしまいます。継続的にストレッチを行い柔軟性が向上した状態を定着させていく必要があります。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告