「 幸せ+環境-与える 」一覧

光と自律神経の関係を知って幸せ+

光と自律神経の関係を知って幸せ+

人間がまだ原始の暮らしをしていた頃、「火は安全の象徴」でした。ですから、人は焚火を見ると副交感神経が優位になり、リラックスします。 反対に「太陽の光」を浴びると体内時計がリセットされ1日の活動をこなすために体を活性化していきます。人は太陽の光を見ると交感神経が活発に働き始めるのです。光を上手に使って自律神経のバランスを調えましょう。

夜は炎を見つめて幸せ+・・炎と安心

夜は炎を見つめて幸せ+・・炎と安心

幸せ力をアップするためには、普段から、安心、安全、穏やかさを感じる回路を繰り返し使うことが大切です。安心、安全、穏やかさを繰り返し感じることで、安心、安全、穏やかさを感じる力を強くし、「幸せ」を感じやすくなるからです。その為には、普段からリラックスする時間を積極的にとることが大切です。人それぞれ、自分に合ったリラックス方法があるでしょうが、今日は「炎を見る」という方法をご紹介します。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告