「 習慣・行動 」一覧

リラックスの準備をしよう

リラックスの準備をしよう

現代では夜になっても明かりが煌々と灯り、移動中はスマートフォン(ブルーライトが交感神経を刺激)をしながら、昼間してしまった仕事の後悔や明日の人間関係の心配をしています。9時過ぎに家に帰って慌ててお風呂に入って12時にベッドに入っていては、良質の睡眠をとるために必要なリラックス感を得られないのです。結果的に朝の気分が優れない、疲れが抜けない、免疫が低下して風邪をひきやすいなど様々なトラブルを引き起こします。

出来事を素材とすること

出来事を素材とすること

生きていると様々なことが起こります。
多くの人はどんなことが起こったかで一喜一憂するものです。しかし、この先どんなことが起こるかを、決めることはできません。
大切なことは起こった出来事を素材にして、どんな人生を作っていくかということです。大した素材はなくても1流のシェフならば美しく、おいしい素晴らしい料理を作ることでしょう。

心も体も自分で調えられる

心も体も自分で調えられる

心も体も同じです。
調子が良くなったり、悪くなったりする原因があるのです。自分で調整できる要素へ働きかければ、自分自身の力で調えることができます。
遺伝的な要素が同じでも食習慣や運動習慣が違えば太りやすさが違ってきます。遺伝的な要素が同じでもよく使う感情が異なれば感じやすい感情が違ってきます。自分はこんな体質だから・・
、自分はこんな性格だから・・、と決めつけないで、心身の調子を整えていきましょう。

感情感度と幸せの関係

感情感度と幸せの関係

快の感覚やポジティブな感情をよく使う人は、快の感覚やポジティブな感情が強化されていきます。
つまり、些細なことでも強く喜んだり、ワクワクしたり、楽しんだりできるということです。不快の感覚やネガティブな感情をよく使う人は、不快の感覚やネガティブな感情が強化されていきます
。つまり、些細なことでも強くイライラしたり、落ち込んだり、悲しくなってしまうということです。

新しいやり方を開発しよう

新しいやり方を開発しよう

「これまでこのやり方でうまくいっていた」ということでも、「最近はどうもうまくいかなくなってきた」そんなこともあるものです。
そんな時は「新しいやり方」を開発してみましょう。頑張って「今」を作ってきた人ほど「新しいやり方」を開発し、そのやり方を取り入れていくのには勇気がいることでしょう。
しかし、「時が流れても変わらない大切なもの」を守るためには、時の流れによって変化した部分を補う「新しいやり方」が必要になるものです。

時には無茶をしてみよう!!

時には無茶をしてみよう!!

宇宙へ行くことも、空を飛ぶことも、深海に潜ることも「かつては不可能」だといわれていたことです。日本人の生活に切り離せない味噌や納豆だって「腐った」食べ物を見た時、それに興味をひかれて実際に食べた人無茶なひとがいるから存在するのです。これまで誰もしなかったこと、周囲から見て無茶なこと、「バカ」だと人が笑うこと・・・今の生活を支える素晴らしいことのほとんどは「かつては無茶」なことだったのです。

周囲を楽しませる習慣を持とう

周囲を楽しませる習慣を持とう

人は誰かに笑われたりすることを恐れ、見下されて笑われると腹が立ちます。
しかし、自らの意思で、自らの工夫で他者を笑わせた場合は、その人の笑いが自分に自信を与えてくれます。誰かを見下ろしたり見下ろされたりして生まれるネガティブな笑いではなく、自分や他者に勇気や自信を与えるポジティブな笑いを作り出す習慣を持ちましょう。周囲の人とそうしたポジティブな笑いを分かち合う習慣を身につけて強い自信を育てましょう。

自分の基準をオプティマイズしよう

自分の基準をオプティマイズしよう

生きていると様々な選択に迫られることがあります。
そんな時、「なんとなく」「直感で」「その時の気分で」・・・決めるという人は重要な選択になればなるほど選択することができなくなってしまうでしょう。
 何かを選択する時には「基準」が必要です。
自分の中の基準が明確になっているとどんな状況に追い込まれても自分なりの後悔しない選択ができるようになります。自分の人生を形作るための幾つかの重要な基準を明確にしておきましょう。

自分あてのメッセージボトルを作ろう

自分あてのメッセージボトルを作ろう

普段の自分の頑張りや自分を褒めてあげてたい出来事を書き出して残しておいて、落ち込んだ時に見ることで、気持ちが落ち込んで忘れてしまっていた自分を思い出すことができるようになります。一度やってみると普段の自分がどれほど毎日一生懸命頑張って生きているかがわかるはずです。
また、自分の良い点を思い出す習慣をつけることで自己肯定感が強くなり心の安定力が向上します。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告