「 幸せ+-性格-感情 」一覧

気持ちを切り替える方法

気持ちを切り替える方法

感情はなんの前触れもなく突然生まれるのではありません。感情は環境からの刺激、頭の中に浮かんだこと、体の感覚、行動からの感覚など、様々なものから影響を受けて、絶えず変化しています。やる気が出ない、イライラする、腹が立ってどうしても気持ちがおさまらない・・心がアンフルネスに陥ってしまったら、その時できることを1つずつ行って、自分の心をフルネス(やる気満々、ワクワクなど)に導いてあげましょう。

心配を分類しよう

心配を分類しよう

いつも心配ばかりしていると、心配する感覚が強くなって、心配な出来事に対する反応が良くなり、あれもこれも心配になってしまいます。
心配ごとがどんどん増えて、いつも心配し続けることになってしまいます。心配ごとを減らすためには「役に立つ心配」「役に立たない心配」を分類できるようになることが必要です。そうすることで自分のパフォーマンスレベルを向上させ、無駄なエネルギーを使わないことで、思っていたよりずっと望ましい結果を得られるようになるはずです。

感情の強さと使用頻度

感情の強さと使用頻度

「人の体は使った体が強くなる!!」この言葉を聞いてどう思われますか?筋肉や持久力については「そうだよ。当たり前だよ」と思われる方が多いと思います。では、「心も使った部分が強くなる」という言葉はどうでしょうか?こう表現すると、「体と心は違うだろう!!」と思われる人も多いのではないかと思います。

感情の強化と弱化

感情の強化と弱化

頑張ることや努力する事はとても大切なことですが、それ以上に心地よさや充実感を感じるために時間を取ることも大切なのです。 ネガティブな感情を抱いている時はエネルギー消費や体への負担が通常でも4倍以上かかりますし、それを繰り返していると、エネルギー消費や体への負担が5倍、10倍とドンドン大きくなっていってしまいます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告