「 習い事の魅力 」一覧

コミュニケーション講座の魅力4

コミュニケーション講座の魅力4

コミュニケーション能力の差は「生まれつきの性質の差」だと思い込んでいませんか?実を言うとコミュニケーション能力の差を作り出す要素はそれだけではありません。生まれつきの性質、コミュニケーションの経験、学習の手本などがあります。
生まれつきの性質を変えたり、過去の経験不足をなくすことはできませんが、快適なコミュニケーションの基本を理論として学び、その理論をもとに快適なコミュニケーションの経験を積むことでコミュニケーションの経験不足を急速に補うことができます。

メンタルトレーニングを習うこと

メンタルトレーニングを習うこと

メンタルトレーニングは「心の状態を望ましい状態に導くスキル」を身につけるトレーニングです。心の状態を「自分のスキル」で「望ましい状態」に導いて、「今の自分にできる最高のパフォーマンス」を引き出せるようになれば、あらゆる場面で「より良い結果」を得ることができるようになります。メンタルトレーニングの対象はスポーツだけに限りません。仕事、人間関係、趣味、冠婚葬祭など、様々な場面で心の状態を調え、自分の持っている最高のパフォーマンスを出したい場面は誰にでもあるはずです。

トレーニングの仕方を習うこと

トレーニングの仕方を習うこと

効果的なトレーニングのためには、トレーニングだけでなく、食事や生活面のアドバイスが必要です。質の高いトレーナーは体の機能を向上させるための生活全般の知識を与えてくれます。プライベートトレーニングで「トレーニングの仕方を習う」ということは、生活全般を見直し健康水準の維持・向上の仕方を習うということにも繋がるのです。

コミュニケーション講座の魅力3

コミュニケーション講座の魅力3

人にわかってもらえなくて絶えずイライラした気持ちを抱えたまま・・時折そんな自分が大嫌いだと感じてしまったりしていませんか?すごく頑張っているのに・・・精一杯努力しているのに・・いつも空回りしてしまっていませんか?小さな時から内気だったり、何かのきっかけで人と関わる時間が少なくて、コミュニケーションスキルを向上させる機会を逃してしまったことで、いつも不公平な扱いを受けてしまう・・そんな理不尽な話は想像以上に多いのです。

メンタルトレーニング講座の魅力2

メンタルトレーニング講座の魅力2

メンタルトレーニングと聞くと「プロやアマチュアのトップアスリートが行うもの」と思っている人が多いようです。しかし、メンタルトレーニングは心の状態をフルネスに保って、自分の最大のパフォーマンスを必要な時に発揮できるようにするためのスキル・トレーニングですから、これが役立つのはスポーツの場面だけではありません。メンタルトレーニングを学び、そのスキルを身につけることで、理想の自分として振舞い、これまでと同じ努力でこれまで以上の成果を上げることができるようになるでしょう。

メンタルトレーニング講座の魅力1

メンタルトレーニング講座の魅力1

メンタルトレーニングは心の状態をフルネスに保って、自分の最大のパフォーマンスを必要な時に発揮できるようにするためのスキル・トレーニングです。メンタルトレーニングが役立つのは、スポーツの世界に限ったことではありません。ビジネスの世界でも、人間関係の上でも、生きていく上で心の状態をフルネスに保つことで、安定して望んだ結果を得ることができるようになっていきます。
メンタルトレーニングを学び、それを実践することで、自分の人生を自らの意思でより豊かでより充実したものにしていくことができるのです。

コミュニケーション講座の魅力2

コミュニケーション講座の魅力2

コミュニケーション講座を学んで身につけると、どんな良いことがあるのでしょうか?ストレスが軽減し、周りとの関係が良好になったり、仕事の環境が良くなったりすることで、社会的ステータスや人間性、実績なども影響を受けて変化し始めます。コミュニケーションスキルを学ぶと、いつの間にか学んできたコミュニケーションスキルだけを使ってきたことで、「たくさんの損をしてきたことかがわかるようになる」ことでしょう。

コミュニケーション講座の魅力1

コミュニケーション講座の魅力1

コミュニケーションを「スキル」として学んだことはありますか?ほとんどの人の答えは「ノー」でしょう。コミュニケーションについての様々な要望を持ちながら、思い通りのコミュニケーションがとれず、「遺伝的」「素質」「性格」など曖昧な理由をつけて諦めてしまっている人は多いようです。「遺伝的」「素質」「性格」など曖昧な理由をつけて諦めてしまっている人は、そうなってしまう本当の理由がわからなくて、そしてどうしていいかわからなくなって、人と関わることを避けるようになってしまったり、あるいはどこにぶつけたら良いのかわからない憤りの中で必死にもがいているようです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告