「 2014年04月 」一覧

不安と栄養素の関係を知って幸せ+

不安と栄養素の関係を知って幸せ+

不安と栄養素の関係を知って幸せ+・・・不安には、「通常の不安(普通の生活ができる)」「行き過ぎた不安(日常生活での問題を引き起こす)」があります。行き過ぎた不安の原因として、ピロルリア、低血糖、栄養素の不足、乳酸レベルの上昇、興奮性伝達物質の過剰などが考えられます。

脳と身体機能の向上・・・指の動きと思考

脳と身体機能の向上・・・指の動きと思考

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は指の動きと思考をミックスして行います。

過去と未来の関係を知って幸せ+

過去と未来の関係を知って幸せ+

過去と未来の関係を知って幸せ+・・良く「過去と他人は変えられない」と言います。過去を変えようとしたり、他人の事を変えようとしたりせず、自分の事と未来に集中する方が良い結果を得られるという意味で使われます。そして、自分と未来に集中することで、過去の出来事そのものは変えられなくても、過去の意味は変えられるのです。

命を守る3つの反応を知って幸せ+②(フライト)

命を守る3つの反応を知って幸せ+②(フライト)

命を守る3つの反応を知って幸せ+②(フライト)・・生き残るための3つの反応は次のような優先順位で選択されます。 1:固まる ⇒ 2:逃げる ⇒ 3:戦う そして、そのことを頭に置いて反応を観察すると、考えていること、感じていること、しようとしていることを理解する手掛かりとなるノンバーバルを見つけることができるようになります。今日は逃げる反応(フライト)についてご説明します。

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+①

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+①

「体幹ストレッチで大切な事」・・体幹のストレッチを効率よく行うためには。脊柱周り、骨盤周り、肩甲骨まわり、股関節周りのどの部位をストレッチしているのか意識して各パーツごとに丁寧に行うことが大切です。今日は体幹のストレッチ(体幹屈曲:脊柱と骨盤)をお伝えします。

ツボを押して不安・ストレス簡単ケア・・天容(てんよう)

ツボを押して不安・ストレス簡単ケア・・天容(てんよう)

律神経のバランスが崩れて、特に交感神経優位になると、イライラが続いたり、動悸がしたり・・・人によっては腹痛やめまいなどを感じる人もいます。なかなか「イライラが治まらない!!」など、自律神経のバランスの乱れによるトラブルを抱えている人は、ツボをケアしてみましょう。

自律神経と心の関係を知って幸せ+

自律神経と心の関係を知って幸せ+

自律神経と心の関係を知って幸せ+・・自立神経の働きと心の状態には強い相互関係があります。自律神経の働きの乱れからくるトラブルは、大きく分けて3つのタイプがあります。「交感神経過剰タイプ」「交感神経・副交感神経切り替え不全タイプ」「交感神経・副交感神経疲労タイプ」です。

脳と身体機能の向上・・・右の動き+左の動き

脳と身体機能の向上・・・右の動き+左の動き

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は右手の動きと左手の動きをミックスして行います。

エネルギーの使い道を知って幸せ+②

エネルギーの使い道を知って幸せ+②

幸せ力向上のためにエネルギーの使い道について考えよう2・・事からエネルギーや微量栄養素(体の調整物質)を取だし、必要があれば加工して利用しています。それにより、考えたり、活動したり、体を修復したりしています。食事→化学反応→利用/調整の一連の機能が低下すると、その時必要な場所に必要なエネルギーや栄養素を補給できなくなり、心身の機能低下を引き起こしてしまいます。

命を守る3つの反応を知って幸せ+①(フリーズ)

命を守る3つの反応を知って幸せ+①(フリーズ)

命を守る3つの反応を知って幸せ+①(フリーズ)・・この3つの反応は次のような優先順位で選択されます。 1:固まる ⇒ 2:逃げる ⇒ 3:戦う そして、そのことを頭に置いて反応を観察すると、考えていること、感じていること、しようとしていることを理解する手掛かりとなるノンバーバルを見つけることができるようになります。今日は固まる反応(フリーズ)についてご説明します。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告