「 2015年02月 」一覧

睡眠ってなんだろう?3

睡眠ってなんだろう?3

レム睡眠は変温動物が身体を休ませるために発達させた休息法です。全身の筋肉の緊張がとれて体を休息させてくれますので体の疲労回復や体のメンテナンスには効果的な睡眠なのですが脳を効果的に休息させられないのです。ノンレム睡眠は、筋肉の緊張は残りますが、脳をシッカリ休ませることができます。レム睡眠は「体」、ノンレム睡眠は「脳」を休息させるための眠りなのです。

体を癒してストレスを緩和しよう

体を癒してストレスを緩和しよう

心の状態と体の状態は互いに影響を与えあっています。ですから、仕事や人間関係でストレスが溜まってネガティブな感情に支配されてしまっている時でも、温泉へ行ってゆったりと湯船につかったり、エステやマッサージで体の張りや疲れが取れたり、美味しいものを食べても気分は改善されます。追い詰められて精神的に一杯になってしまった時こそ、体をケアし、癒してあげることで心の状態を回復してあげることを意識しましょう。

仕草を使ってストレスを緩和しよう

仕草を使ってストレスを緩和しよう

よく「悲しいときは笑ってみよう」と言いますが、心理学的にはとても良いことです。しかし、笑顔だけでなく人が嬉しい時、楽しい時に行う仕草や行動をとることで気分に影響を与えることができます。嬉しい時、楽しい時に行う仕草、行動は様々ですが、ストレスの溜まっている時にこうした仕草や行動をとることで気分が良くなってストレスが弱まり、気持ちを切り替えやすくなります。ただし、大切なことが一つだけあります。その言動そのものに意識を向けてください。

疲れのレベルをチェックしよう!

疲れのレベルをチェックしよう!

自分の体の声を聞いて、体のメンテナンスをすることで交感神経の過剰使用が原因の疲れの人も、副交感神経の過剰使用が原因の疲れの人も大きな病気を未然に防ぐことができますし、毎日の暮らしにゆとりが持てるようになるでしょう。本ページでレベル別の状態をご紹介しています。自分の状態をチェックして自分の状態を調べてみましょう。気づいたら深刻な状態にならないように早めにケアをしてください。自分の体を大切に思い扱ってくださいね。

上手に食べてストレス解消2

上手に食べてストレス解消2

人の体には大きく分けると消化酵素代謝酵素の2種類の酵素があります。消化酵素は、もちろん食べたものを消化する酵素です。代謝酵素は体に必要なエネルギーを作り出すための酵素です。1日のうちで使用できる酵素の量は、代謝酵素と消化酵素を合わせてある程度一定だと言われています。人は強いストレスを感じるとストレスに対抗するためのエネルギーを作り出すために代謝酵素を多量に使用するので、消化酵素が不足してしまいます。そうなると消化のための酵素が不足して胃腸に負担がかかってしまいます。

疲れと自律神経2

疲れと自律神経2

いつの間にか身についてしまった「交感神経の過剰使用型の生活」や「副交感神経の過剰使用型の生活」を続けることで、疲れがドンドン蓄積してしまいます。こうした生活は、単に疲れやすい生活」をしているというだけでなく、長い目でみれば将来引き起こす大きな病気の基盤づくりをしているとも言えるのです。交感神経の過剰使用の大きな要因は「過度のストレス」です。 「働くこと」「頑張ること」は素晴らしいことで、「休むこと」「のんびりすること」は良くないことだと考えてしまう人は少なくありません。

上手に食べてストレス解消2

上手に食べてストレス解消2

ストレスを感じているとストレスを感じる感覚ばかりに意識が向いて、その感覚ばかりが強くなってしまうので、様々な体の感覚を感じ取る力が低下してしまい、そのことでさらに意識がストレスへ向いてしまうという悪循環が起こっていると言うことです。 嬉しい、楽しい、ワクワクする・・こう言ったポジティブな感覚は、味覚を繊細に感じ取ることができる力、太陽の光を浴びた感覚を感じ取る力、手や足や体が繊細に動いている感覚を感じ取る力・・そういった「繊細な感覚」を感じ取る力が鋭敏になっていてこそ感じられるのです。

それぞれの理由

それぞれの理由

何か新しいことに取り組もうとした時、それを実行するかどうかを決める方法は大きく分けると3つあります。「1.やれる理由、やったほうが良い理由を探す方法」「2.やれない理由、やらないほうが良い理由を探す方法」「3.1と2の両方を探す方法」です。いつも2ばかり選択し続けると、新しいチャレンジができなくなって人生がとてもつまらないものに思えてしまいます。1ばかり選択し続けるとジェットコースターのような浮き沈みの激しい人生になってしまうでしょう。

上手に食べてストレス解消1

上手に食べてストレス解消1

ストレスと食の間には深い関係が存在します。お腹が減ってイライラして誰かに当たってしまった経験をお持ちではありませんか?反対にお腹がいっぱいになってリラックスして眠たくなってしまった経験はありませんか?実を言うと「噛む」ことも副交感神経を刺激するため、ストレスを緩和して心と体をリラックスさせてくれます。ですから、ストレスがたまったと感じたら、食事を「よく噛む」ことを意識しましょう。ただ、普段あまり食事を噛まずに飲み込んでいる人はよく噛むことに慣れるまでイライラしてしまうかもしれません。

副交感神経型の疲れ1

副交感神経型の疲れ1

副交感神経過活性型の疲れは「頑張りすぎると疲れがたまる」「無理をすると疲れがたまる」と思い込んでいる方に多い疲れ方です。しかし、実を言うと「ノンビリしすぎたり」「リラックスしすぎたり」しても疲れがたまってしまうのです。食事、入浴、睡眠など副交感神経が優位になる時間を長く取りすぎることで、交感神経を刺激する時間が少なくなってしまっても疲れがたまってしまうのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告