「 2015年05月 」一覧

便秘を解消してストレスを緩和しよう

便秘を解消してストレスを緩和しよう

「便が数日でないなんて珍しくない!」なんていう人も少なくないようです。しかし、便秘が続くと以下の理由からストレスを感じやすくなってしまいます。 「たかが便秘」と思っていても、「交感神経過剰の状態が続いていること」「血液の質が低下すること」などから身体中の機能を低下させ、ストレスを感じやすくさせてしまうのです。腸に優しい習慣を身につけて、ストレスフリーの生活を目指しましょう。

肩コリがヒドイ人の体をいたわる習慣

肩コリがヒドイ人の体をいたわる習慣

肩がこったなぁという時、その部分をマッサージすることを考える人は多いのではないでしょうか?押したり、揉んだり、叩いたり・・でも一人で肩をマッサージしても、なかなかそのコリが取れるものではありません。ですから、肩コリには肩甲骨周辺の筋肉を動かすことで対処しましょう。肩コリは多くの場合、肩甲骨周辺の筋肉の活動が停滞していることで起こります。

定期的に習慣を見直そう!

定期的に習慣を見直そう!

人は毎日一生懸命生きていても、いつの間にか悪い習慣が身についてしまうことが多いようです。 飲酒、喫煙、薬物、偏った食生活、暴飲暴食、運動不足、夜更かし、スマートフォンで夜更かし・・etc。心、体、人間関係、家族関係、将来に関わるそうした悪習慣はほっておくと心や体、人生を少しずつ蝕んでいきます。だから定期的に自分の習慣を見直すようにしましょう。習慣というのは繰り返せば繰り返すほど心と体に定着してしまうので、何年も経ってから「やっぱりやめよう」と思っても、いざやめるとなると大変です

イライラしやすい人の体をいたわる習慣

イライラしやすい人の体をいたわる習慣

イライラする時は、サラダを食べましょう。野菜はビタミン、ミネラルを豊富に含んでいますし、消化吸収に時間がかかるため副交感神経優位の時間が長くなり、ストレスが緩和されたり、回復力が高まります。また、イライラした時にサラダを食べる習慣が定着すると、たっぷり(1日350g以上摂りましょう)腸内環境が改善され善玉菌が増えるので、下痢や便秘が解消され、免疫力も向上します。

ゆっくり食べて疲れケア!

ゆっくり食べて疲れケア!

現代人は忙しいので「食事をゆっくり食べている時間なんてないよ!」という人も多いとおもいます。しかし、忙しい人ほど時間をかけてゆっくり食べて欲しいのです。忙しい人の疲れは交感神経過剰型の疲れが多いので、ゆっくり時間をかけて体を休める必要があります。  しかし、忙しい人は体を休める時間が短くなってしまいがちです。ゆっくり時間をかけてよく噛んで食べることで副交感神経が刺激されるのです。

毎日笑おう!!

毎日笑おう!!

作り笑いでも同じように身体が活性化され、ナチュラルキラー細胞の働きが活発になることがわかっています。心と体は繋がっていますから、笑っていると楽しくなります。 最初は作り笑いでも積極的に笑うことで、本当に楽しくなってくるのです。毎日笑って過ごせれば、楽しい感覚も強くなって、毎日ワクワク、ドキドキ・・高いモチベーションを保って過ごせるようになるでしょう。

(就寝中などに)脚がよくつる人の体をいたわる習慣

(就寝中などに)脚がよくつる人の体をいたわる習慣

ミネラルのバランスが崩れていると、自分の意思に反して筋肉が収縮してしまう「つる」という現象が起きてしまいます。筋肉の収縮は微量のミネラルによってコントロールされていますが、筋肉の収縮に関わるミネラルは、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどです。マッサージやストレッチ、入浴などを行って筋肉の柔軟性や血流を改善することも有効ですが、就寝前にストレッチ、マッサージ入浴などを行うと就寝中の発汗が促進され、汗と一緒にミネラルが排出されてしまって脚がつってしまうことにもなります。

胃がもたれる人の体をいたわる習慣

胃がもたれる人の体をいたわる習慣

脂っこいものを食べると胃がもたれるという人は多いのではないでしょうか?胃がもたれるのは食べたものがいつまでも胃の中に残っているから起こる症状です。胃腸が疲労したり、元々の体質で胃粘液と胃酸のバランスが崩れてしまっていることで起こります。ですから、脂っこいものを食べたら胃がもたれてしまうという人は、消化吸収の効率を良くするための習慣を身につけましょう。

週末に笑顔の点検をしてみよう!

週末に笑顔の点検をしてみよう!

人は使っていない器官や組織、感覚がドンドン弱化していきます。運動不足の人が筋肉が落ち、心肺機能も低下するのと同じように、笑っていないと「楽しい」という感覚も弱化していきますので、毎日の暮らしから「楽しいこと」がドンドン減っていってしまいます。そうなると、笑の効用を得られなくなって疲れやすくなるばかりか、長期間続けば大きな病気になってしまいます。週末には1週間どれだけ笑ったかをチェックして、「笑う時間を確保する」習慣を身につけてください。

自分を信じるための日課を持とう!

自分を信じるための日課を持とう!

「自分を信じることは大切だ」ということを知っている人は多いでしょう。しかし、自信を持つためには「良い結果」「大きな成果」を出さなければいけないという誤解を信じている人も多いようです。 もちろん良い結果、大きな成果を得られらば自信は強力なものに補強されるでしょう。しかし、偶然でた結果や成果だけから生まれた自信は、次の失敗で粉々に砕け散ってしまうことでしょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告