「 2015年10月 」一覧

便秘がちの人の体をいたわる習慣

便秘がちの人の体をいたわる習慣

便秘で悩んでいる人のかなり多くの割合の人が「口呼吸」になっていることをご存知でしたか?鼻からの呼吸は深い呼吸をしやすいので、腹式呼吸が苦手な人でも大きく横隔膜が動いて腹式呼吸になりやすいのです。口呼吸を鼻呼吸に切り替えると、知らず知らずのうちに腹式呼吸をすることになって副交感神経が優位になりやすい体質になっていきます。副交感神経の働きは排便と強い関わりがあるので、鼻呼吸の習慣を身につけるだけで便が出やすくなるのです。

大好きな自分を作る脳の鍛え方2

大好きな自分を作る脳の鍛え方2

パニックになると普段できることができなくなってしまうのは、緊急事態(生命の危機)になると原始の仕組みが働いて、敵から「息を潜めて待つ」「逃げる」「戦う」といった選択肢にすぐに移行できるように「動物脳」である大脳辺縁系、「爬虫類脳」である脳幹、小脳の機能が前面に出てくるため、「人間脳」である大脳皮質がいわゆる「停電状態」になってうまく働かなくなってしまうからです。

片付けと心の関係

片付けと心の関係

部屋の中が整理整頓された状態をキープするためには、「今の自分や家族にとって必要なものを見極め、不必要なものは捨てるという決断をする」など決断の連続が必要です。
片付けができない人は「ものごとを後回しにする」「とりあえずで済ませてしまう」傾向があるため決断力を鍛える練習ができなくなって、心の中に様々なものを溜め込んで、頭の中が整理できなくなってしまいます。


新しいことに挑戦し続けよう

新しいことに挑戦し続けよう

球を見極めて打とうとしても打てないことはあるものですが、打てなかったからその球には手を出さないという選択をすれば技術は進歩していきません。
失敗したらそれができるようになるために新しいチャレンジをしてみましょう。
失敗は自分の能力の低さからくるものではありません。
経験不足からくるものがほとんどです。失敗を克服するために、あるいは想いを形にするために新しいことにチャレンジを続けましょう。

「ナルコレプシー」って知ってますか?

「ナルコレプシー」って知ってますか?

ナルコレプシーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
過眠症ひとつなのですが、ナルコレプシーをキッカケに不眠になってしまうこともあるようです。ナルコレプシーになると入眠直後、金縛りにあいやすくなるらしく、金縛りに対する恐怖心のため眠れなくなってしまうのです。

覚醒系の神経ネットワークや筋肉の働きをコントロールする神経ネットワークの機能が低下して睡眠発作や情動脱力を起こすのではないかと考えられています。

腰が痛い人の体をいたわる習慣

腰が痛い人の体をいたわる習慣

お腹周りの筋力低下が原因で腰痛になっている人がサポーターなどを使って痛みを軽減しようとすると、さらに筋力が低下してしまうので腰痛がひどくなってしまう可能性があります。お腹周りの筋力が低下して腰痛が起きている人はお腹周辺の筋力を軽減・解消することができるので、お腹周辺の筋力アップを目指しましょう。お腹周りの筋力アップのためにオススメなのがドローインです。 ドローインをすることで腹圧(内臓の位置を保つ力)が向上し、お腹側だけでなく、内臓を取り囲む筋肉(背骨側の筋肉など)も鍛えることができます。

大好きな自分を作る脳の鍛え方1

大好きな自分を作る脳の鍛え方1

何かをするための脳の回路を作り上げることを「脳のオプティマイズ」といいます。脳のオプティマイズは繰り返し使用することで行われます。
自動車の運転、バスケットボールのシュート、観察して絵を描くこと・・様々なことを繰り返し経験して、それを効率よくするために脳をオブティマイズして新しい回路を作っていくのです。オプティマイズされて新しい回路が出来上がったことでスムーズに操作したり、動いたり、描いたり、話したりすることができるようになるのです。

家のキレイをキープしよう2

家のキレイをキープしよう2

家のキレイを保つチョットした習慣2・・☆モノを見えるところに置かないこと
この意識を強く持ちましょう、☆収納スペースは使いやすさを重視すること、☆収納場所はよく考えて決めましょう☆セールや割引に振り回されないようにしましょう。ちょっとしたポイントを守るだけで、部屋のキレイをキープズルことがずっとずっと楽になります。ぜひポイントをおさえて部屋のキレイをキープし続けてくださいね。

不自由・不便の意味について捉え直そう

不自由・不便の意味について捉え直そう

「創造力とは束縛の中での探検である」という言葉があります。人は束縛(不自由、不便、失敗など)があるからこそ、その状態を緩和したり、なくすための工夫(創造力)を発揮できるのです。 もし、一切の束縛がなくなってしまったら人は何も生み出さなくなってしまうでしょう。変化も進歩も止まってしまうのです。望まない束縛にぶつかってしまったら、創造力を発揮して変化・進歩するチャンスがやってきたと考えてみましょう。

子供の睡眠時無呼吸症候群(SAS)

子供の睡眠時無呼吸症候群(SAS)

最近では睡眠時無呼吸症候群の認知度は上がってきていますが、一般的に睡眠時無呼吸症候群は大人がなるものだと思っている人も多いようです。しかし、子供の睡眠時無呼吸症候群は1~3%程度で随分多いのです。子供の場合、特に自覚症状が少ないので、親が気づいて医療機関に連れて行って診断を受けないと発見できないことが殆どです。子供の変化に気づいたら、睡眠状態をチェックすると良いでしょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告