「 2016年07月 」一覧

根本的に疲れをとろう1

根本的に疲れをとろう1

疲れを根本から解消するために、疲労についてもう少し詳しく考えてみましょう。疲れにも色々なタイプの疲れがありますよね。一晩眠れば解消する軽い疲労もあれば、どれだけゆっくりと休んでも治らない重度の疲労もあります。また、運動などをして体を動かすことで溜まる疲れもあれば、運動することで解消する疲労もあります。疲れを根本から解消するためには「自分の疲れ」がどんなタイプの疲れかを知ることが必要です。

良い出来事を増やす方法2

良い出来事を増やす方法2

同じ出来事が起きても、良いことを見つけ感じる力が強い人は、その出来事の良い面に目を向け、それを増幅して感じ取ることができるため、人生が楽しくハッピーなものに感じます。反対に良いことを見つけ感じる力が弱い人は、その出来事の悪い面に目を向け、それを減弱して感じてしまうため、人生をつまらなく、ツライものに感じてしまいます。あなたはどちらを探したいですか?

睡眠薬の基礎知識

睡眠薬の基礎知識

病院で処方される睡眠薬は大きく分けて以下の5つに分類することができます。「バルビツール酸系睡眠薬」(1950年)にはじまり、これまでは「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」(1960年)、「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」(1980年)などがよく使われてきました。これらはいずれもGABA受容体作動薬に分類されるお薬です。その後、「メラトニン受容体作動薬」(2010年)という体内時計を介して眠りをもたらす薬が開発されました。

副腎とやる気

副腎とやる気

ストレスに上手に対抗できたり、困難があっても前向きに対処できるのは、ストレスホルモンが必要なだけ分泌されるからです。
ストレスホルモンが不足するとストレスに対抗するための心身の状態が整いません。つまり、副腎が疲弊すると、ストレスに対抗できなくなり、前向きに考えられなくなってしまうです。長期間ストレスを感じ続けると副腎が疲弊してしまうので、体が重い、やる気が出ない、会社に行きたくない・・・といった状態になってしまいます。


真似をしよう

真似をしよう

使った感覚・感情が強くなっていきます。
自信をつけ、自己肯定感を向上させていくためには、自信や自分に対する肯定的な感覚をたくさん使う必要があります。それを実現するために有効な方法に「真似をすること」があります。なりたい自分、尊敬する人、大好きな人、憧れの人、目標とする人なら、どんな服を着て、どんな髪型をして、どんな部屋に住んで、どんな言葉を口にして、どんな行動をとるでしょうか?

アート脳を鍛えよう8

アート脳を鍛えよう8

身体感覚の鋭敏にすることは、心身の健康のためにもとても重要なことです。
生物は口と腸だけのシンプルな構造から触覚細胞が進化して脳を作ったといわれているからです。つまり、触覚細胞は脳を持った生き物の原点なのです。
生き物として生き生きと、そして人間らしく生きるためには触覚を鋭敏に研ぎ澄ませておく必要があるのです。普段の生活で触覚をできるだけたくさん使いましょう。

身体感覚脳が敏感になると様々な作業やスポーツ、日常の動作がスムーズになり、生活のクオリティーが向上します。

NO IMAGE

睡眠の質を向上させて幸せ+19(保存版)

健康的で長生きする確率が高いのは、平均睡眠時間7時間の人であることが分かっています。しかし、睡眠はとても個性的なものなので、必要な睡眠時間は人によって異なります。大事なことは、自分が最も調子が良くなる睡眠時間と睡眠の周期を知って、それに合わせた生活をすることです。睡眠のためにできることを知って、自分にとって適切な睡眠を取れるように工夫してください。

豊かになる方法

豊かになる方法

豊かになる方法というとどんなことを思いつきますか?懸命に働き、何かを作り出したり、発明したり、成し遂げたりすれば、物質的に豊かにはなっていくでしょう。ただし、物質的な豊かさはとても不公平です。人によっては様々な制約の中で手に入れることができなかったり、手にいれるまでに、とても長い長い時間が必要なことも珍しくありません。これに対し、精神的な豊かさを手にいれる方法もあります。


アート脳を鍛えよう7

アート脳を鍛えよう7

香りは本能的な部分に強く働きかけます。 哺乳類脳とも呼ばれる大脳辺縁系を直接刺激するからです。

ですから、何かの香りをきっかけにして忘れていたことを思い出したりするのです。また、嗅覚が敏感になると本能的な感覚が敏感になり、潜在意識の力が解放されやすくなるといわれています。
つまり、これまで潜在意識の中に埋もれてしまっていた才能や能力が解放されるかもしれないということです。嗅覚が敏感になると感受性や歓声が豊かになって、様々なイメージやアイデアもうまれやすくなるからです。普段の生活に嗅覚を刺激する機会を増やしましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告