「 2017年04月 」一覧

疲れが取れやすい体を作ろう22

疲れが取れやすい体を作ろう22

この一週間どれだけ笑いましたか?すぐに思い出せないなら、あなたには笑いが不足しています。
そんな人は笑うためにどんなことができるか考えて、それを実行してみましょう。コメディー映画や漫才のDVDを借りてきてみても良いでしょうし、家族や友達に、笑えた話を教えてもらっても良いでしょう。どうしても笑えない場合は、とりあえず笑ってみましょう。

食べ物と性格2

食べ物と性格2

脳は「興奮させる伝達物質」と「抑制する伝達物質」とのバランスによって興奮状態が適度に保たれています。
伝達物質は特定のアミノ酸から作られます。その供給が不十分だと「興奮させる伝達物質」あるいは「抑制する伝達物質」のどちらかに不足が起きてしまいます。脳の興奮状態が不安定になると不安、パニック、うつ病、ムードスイング(気分の激変)など心の病がになってしまいます。

疲れが取れやすい体を作ろう21

疲れが取れやすい体を作ろう21

上手に疲れを解消するために湯船にシッカリつかる習慣を身につけましょう。
「疲れがとれない」と嘆いている人の多くは、湯船につからずシャワーだけで済ませてしまっているようです。夜の入浴時にゆっくり湯船につかることで副交感神経の働きが活発になります。
副交感神経の働きが活発になると筋肉が弛緩して柔らかくなって血流が良くなるので、疲労物質が筋肉から流れ出して疲れがとれやすくなります。

食べ物と性格1

食べ物と性格1

心は脳という臓器の働きで生まれます。
心は脳で作られた電気信号が神経回路を通って体パーツに信号を出して動かし、その感覚を脳にフィードバックすることで感じるのです。
つまり心の不調は脳の働きの不調ともいえるのです。
ですから、心の不調を考える場合、脳の働きの不調の原因を考える必要があるのです。

疲れが取れやすい体を作ろう20

疲れが取れやすい体を作ろう20

疲れを効果的に回復させるためには質の高い睡眠をとることが必須です。
そのために枕を変えたり、ぬるめのお風呂にゆっくり入るなど、睡眠中や睡眠前に何かをして睡眠の質を高めるようとする人は少なくないでしょう。しかし睡眠の質を高めるためには睡眠中や睡眠前だけでなく、生活習慣全般を見直す必要があります。
特に光との付き合い方を考えることはとても重要です。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告