「 幸せ+ 」一覧

過剰な不安の原因と対処4

過剰な不安の原因と対処4

今回は過剰な不安の原因2の「興奮性伝達物質の過剰」について考えてみましょう。興奮物質が過剰になる原因は、生活環境やストレスや食事習慣などが関係しています。まずは生活習慣の改善や食習慣の改善からはじめましょう。

過剰な不安の原因と対処3

過剰な不安の原因と対処3

精製された砂糖やデンプンをたくさん食べると血中の乳酸レベルがが上昇します。(ブドウ糖が代謝されて最終的に乳酸が生成されます)乳酸レベルの上昇は疲労感や不安感を強くします。乳酸が増えるとカルシウムが不足して不安感を強く感じるようになってしまいます。

ストレス解消法を見直そう

ストレス解消法を見直そう

自分がストレス解消のつもりでやっていることが、自分の意思とは裏腹にストレスを増やしてしていることは珍しくありません。毎日忙しくてリラックスする時間がない生活をしている人は、交感神経過剰型の疲れなのに寝る前や休日にゲームをしていると、さらに交感神経を使うことになるのでドンドン疲れが溜まってしまいます。

疲れタイプ分類テスト

疲れタイプ分類テスト

疲れのタイプには「交感神経型疲労タイプ」と「副交感神経型疲労タイプ」「自律神経スイッチング不良タイプ」の3つがあります。Aが多かった人は「交感神経型疲労タイプ」、Bが多かった人は「副交感神経型疲労タイプ」です。AとBの数にあまり差がなく体調が悪い人は、「自律神経スイッチング不良タイプ」です。

過剰な不安の原因と対処1

過剰な不安の原因と対処1

過剰な不安が継続する原因はその人の性格的なものだと考えがちですが、実は脳の栄養不足や脳内物質バランスの崩れが原因である場合も少なくありません。
そんな場合は心構えや考え方を何とかしようとしても効果は期待できません。不安を軽減するために必要なのは脳に必要な栄養を供給し、脳内物質のバランスを回復することなのです。

疲れが取れやすい体を作ろう30

疲れが取れやすい体を作ろう30

体は自律神経を調整して体温を一定に保とうとするのですが、体温の変化激しいと自律神経の切り替えが激しくなるので疲れてしまいます。こんな状態がつづくと自律神経のスイッチングがうまく働かなくなってしまいます。人間の体が急激な温度変化に対応できるのは5℃以内といわれています。それ以上の変化を繰り返し受けていると、次第に自律神経のスイッチング機能が低下してしまうのです。

疲れが取れやすい体を作ろう29

疲れが取れやすい体を作ろう29

自律神経は天気からの影響も強く受けています。晴天の日は交感神経が優位になって活動的に動き回るための準備をしますし、雨が降ったり曇ったりすると副交感神経が優位になって休息の準備をしたり、ケガや病気の予防をします。ですから交感神経過剰型の疲れを抱えている人は天気が良いとイライラし、反対に副交感神経過剰型の疲れを抱えている人は天気が悪いとやる気がなくなってしまうのです。

疲れが取れやすい体を作ろう28

疲れが取れやすい体を作ろう28

自律神経は交感神経と副交感神経で構成されていて、その優位性のバランスをとることで興奮とリラックスのバランスを調えています。交感神経が優位になると知覚は鈍くなって、副交感神経が優位になると知覚が鋭敏になります。交感神経が優位になると神経伝達物質の分泌が抑制されるので知覚が鈍くなるのです。女性に感覚が鋭敏な方が多いのは、女性に副交感神経優位タイプが多いからです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告