「 ストレス 」一覧

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー2

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー2

ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助ける上、強力な抗酸化作用を持っています。
肌にハリを与え、シミを予防し、骨を丈夫にしてくれます。さらに免疫力を高めストレスへの抵抗力を高もめめてくれます。
ビタミンCは水溶性なので摂りすぎても排泄されてしまうので過剰症の心配もありません。ビタミンCは皮膚や血管の老化を防いで免疫力を高めてくれます。
コラーゲンの合成にも必要です。

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー1

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー1

パントテン酸はビタミンB群のひとつで、エネルギーの代謝を助ける働きがあります。
そのほか、抗ストレス効果や、動脈硬化を予防する効果があり、全身の細胞で健康維持のために働く大切な栄養素です。パントテン酸は様々な食品に含まれていますし、腸内細菌の働きによって体内でも合成することができます。
水に溶けやすく、熱・酸・アルカリに弱いため、調理や加工によって損失しやすいのが特徴です。
またカフェインやアルコールの摂取により、パントテン酸を消費されてしまいます。

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素

緑茶には脳の健康を増進するたくさんの成分が含まれています。代表的なのがポリフェノール、カテキンなどの強力な抗酸化物質です。癌を抑制し老化を遅らせてくれます。
さらに血栓の形成を抑える働きもあります。抗酸化物質は細胞にダメージを与える余分な活性酸素を消去してくれます。
活性酸素が過剰になると、脳の神経細胞がダメージを受けるので神経ネットワークに蓄えられていた記憶が失われてしまいます。

ストレスに強くなる生薬2

ストレスに強くなる生薬2

ロディオラの主成分はロザビン、サリドロサイドという配糖体でコルチゾール、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの気分を向上させる脳内物質のレベルを高めてくれます。
副腎の機能を増強し、集中力を高め、ストレスへの抵抗力を向上させ、気分を向上向上させてくれます。東シベリアに自生する植物でアダプトゲンとして長く利用されてきました。

ストレスに強くなる生薬

ストレスに強くなる生薬

カンゾウは副腎皮質を刺激してコルチゾールの肝臓での分解を抑えてくれます。
ですからカンゾウを摂取することでコルチゾールの働きが持続します。コルチゾールは短期のストレスに対処ために必須のホルモンです。
ですから、カンゾウを摂取することでストレスに対する耐性が強化されるのです。ただし、ストレスが慢性化してコルチゾールの血中濃度の高まりが慢性化してしまうと様々な問題を引起してしまいます。(うつ病など)

便秘を解消してストレスを緩和しよう

便秘を解消してストレスを緩和しよう

「便が数日でないなんて珍しくない!」なんていう人も少なくないようです。しかし、便秘が続くと以下の理由からストレスを感じやすくなってしまいます。 「たかが便秘」と思っていても、「交感神経過剰の状態が続いていること」「血液の質が低下すること」などから身体中の機能を低下させ、ストレスを感じやすくさせてしまうのです。腸に優しい習慣を身につけて、ストレスフリーの生活を目指しましょう。

表情筋を動かしてストレスを緩和しよう

表情筋を動かしてストレスを緩和しよう

笑うことで側坐核と腹側被蓋野が刺激され、「楽しいことを考える」ようになったり、やる気や能力がアップします。また、表情筋が動くことで電気信号が側坐核へと伝わりますので、顔を手のひらで覆って表情筋に合わせてクルクルと回すように手で表情筋を動かすことでも側坐核を興奮させ、気分を明るくしたり、やる気を出すことにつながります。筑波技術大学院 保健科学専攻名誉教授である森山朝正教授によると、年齢の数だけ手のひらをクルクル回す習慣をつけることで気分が改善しやすくなるそうです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告