「 体のケア 」一覧

疲れが取れやすい体を作ろう5−2

疲れが取れやすい体を作ろう5−2

副交感神経型の疲れでは、副交感神経が活性化している状態が長期間続いて、血管が拡張した状態が常態化してしまうので、日常的に血流が停滞してしまいます。血流の停滞は体温の低下を招くので、少しずつ体温が低下し始めます。
体を動かせば、一時的に血流は改善しますが、副交感神経型の疲れを溜め込む人は、運動量が足りない上に血流の停滞が常態化しているため、すぐに元の状態にもどってしまいます。

疲れが取れやすい体を作ろう5−1

疲れが取れやすい体を作ろう5−1

「交感神経を刺激する生活」ための活動的な生活をで困難に感じてしまう人は、最初に体内時計をリセットし、交感神経を刺激するために太陽の光を積極的に浴びることから始めてみてください。太陽の光を浴びることが肌に良くないといって、できる限り太陽の光を浴びないようにする人もいますが、1日最低15分〜20分は太陽の光を浴びないと十分に交感神経が働かないのです。

疲れが取れやすい体を作ろう4−4

疲れが取れやすい体を作ろう4−4

交感神経の疲れがたまると起こるトラブルとその解消法について先回ご説明しましたが、今回は、その補足をさせていただきます。先回は交感神経を落ち着かせ副交感神経を活性化するために、リラックスすること、体を温めること、血流を改善することなどをお伝えしましたが、今回は交感神経型疲れを取るためのその他の方法についてお話しします。

疲れが取れやすい体を作ろう4−3

疲れが取れやすい体を作ろう4−3

交感神経の過緊張が続いて、酸素と血糖値の不足や血流の低下が続くと筋肉や内臓にダメージが蓄積されていきます。交感神経型の疲れが溜まってくると、このような変化が現れはじめます。このような変化は、大きな病気の警戒シグナルだと考えてください。交感神経を落ち着かせ副交感神経を活性化するために、リラックスすること、体を温めること、血流を改善することなどを心がけましょう。

疲れが取れやすい体を作ろう4−2

疲れが取れやすい体を作ろう4−2

血中酸素濃度と糖濃度が低い状態が続いてしまうと、脳、筋肉、内臓で酸素や栄養が不足してしまいます。
大切な臓器での酸素や栄養の不足は、その働きを低下させるので体が重たく感じ始めます。さらに緊張状態(交感神経優位の状態)が続くと、血管が収縮して細くなるので体温も低下していきます。短時間なら血流の悪化によって温度が下がっても、血流が改善すればすぐに体温も上昇するのですが、長時間続いてしまうと収縮し続けた血管が戻りにくくなってしまうので、体温が上昇しにくくなってしまいます。

疲れが取れやすい体を作ろう4−1

疲れが取れやすい体を作ろう4−1

交感神経の緊張状態が続いてしまうと、体に取り込む空気の量が減少して血中酸素濃度(PO2)が低下してしまいます。さらに、交感神経が活性化しているときは体では大量にエネルギーが使われるので、糖が一気に消費されて血糖値も急降下してしまいます。この場合、疲れの原因は血中の「酸素濃度の低下」と「血糖値の低下」なので、この疲れから回復させるためには適切な糖質補給と酸素を供給する必要があります

セルフケアの魅力

セルフケアの魅力

疲労感が溜まったり、肩がパンパンに張ってしまったり・・・もちろん専門のマッサージ屋さんへ行ってマッサージを受けたり、スーパー銭湯で広いお風呂にゆっくり浸かって疲れを取るのも良いでしょう。 ただし、毎日マッサージ屋さんへ通ったり、スーパー銭湯へ行ける人は多くはないでしょう。それでも疲れは溜まります。
なかなかケアする時間が持てない場合は、疲れがどんどん溜まってしまうので、毎日マッサージ屋さんへ通ったり、スーパー銭湯へ行っても、一度で疲れが抜けなくなってしまいます。

疲れが取れやすい体を作ろう3−5

疲れが取れやすい体を作ろう3−5

毎日のセルフケアを効果的に行うことで、大きな病気を未然に防ぐことにつながるだけでなく、毎日元気一杯、心にも体にもゆとりが持てるようになります。
それはそのまま、自分のもてるパフォーマンスを最大限にひきだし、家庭、会社、社会での豊かな生活につながるはずです。疲労回復のポイントは「自分の疲れのタイプを理解すること」と「深刻な状態になる前の早めにケアをすること」です。

疲れが取れやすい体を作ろう3−4

疲れが取れやすい体を作ろう3−4

副交感神経の過剰使用の要因はストレスがない生活です。 不思議に思うかもしれませんが、ストレスがない、あるいは少なすぎる生活も疲れるのです。副交感神経の過剰使用が原因の疲れの場合、「軽い体操をする」「ストレッチをする」「43度以上の熱い風呂に入る」など、軽いストレスを感じる行為をしてみましょう。体の健康維持に役立つストレスを自分に与えて疲れがたまらないようにしていきましょう。大切なことは、ストレス過多ORストレス過少の極端な生活をせず、バランスの良い生き方をすることです。

疲れが取れやすい体を作ろう3−3

疲れが取れやすい体を作ろう3−3

このタイプの疲れを溜め込んでしまう人は、副交感神経型の疲れがあることを知らず、疲れを取るには「休むしかない」と思い込んでいる方に多い疲れ方です。しかし、「ノンビリし過ぎたり」「リラックスしすぎたり」「動かな過ぎたり」しても疲れはたまってしまうのです。
食事、入浴、睡眠など副交感神経が優位になる時間を長く取りすぎて、交感神経を刺激する時間が足りなくなってしまっても疲れは溜まるのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告