「 環境 」一覧

部屋の概念を見直そう

部屋の概念を見直そう

いつも片付いた部屋キープするために見直して欲しいのが「部屋の概念」です。
あなたにとって部屋とはどんな意味を持っていますか?「 帰って寝る所」「私物の置き場」といったものになっていませんか?もしそうなら、部屋を片付ける必要がないのです。多少散らかっていても寝れますし、ものも置けます。しかし、毎日過ごす部屋の機能はそれだけではありません。「自分の人生を支える基盤」なのです。


「終わった」の概念を見直そう

「終わった」の概念を見直そう

心の状態をポジティブに保つために「終わった」の概念を見直しましょう。
作業の結果を得た時に作業が「終わった」と考えるのではなく、「部屋の状態を元に戻した時」に作業が「終わった」と考えるようにしてみましょう。「終わった」の概念が変わることで作業と作業の間の部屋の状態が変わります。
作業の間の部屋の状態が変わると心の状態も変わってきます。心の状態が変わると毎日の生活が変わります。

「もったいない」という言葉の意味を見直そう

「もったいない」という言葉の意味を見直そう

「もったいない」とはどんな意味なのでしょうか?ものを捨てずに押し入れの奥にしまいこんでしまえば、その場の罪悪感からは解放されます。しかし、押し入れの奥や段ボールの中などに押し込まれ使わなくなってしまったものは、「1.そのモノ本来の機能や役割を果たせなくなってしまう」のです。そればかりか、それらを溜め込んでおく「2.住宅のスペースを浪費」した上、片付かない部屋の中で「3.心が不安定になって」しまいます。「もったいない」ことばに従うことで、3つの「もったいない」をつくってしまっているのです。

片付けと心の関係

片付けと心の関係

部屋の中が整理整頓された状態をキープするためには、「今の自分や家族にとって必要なものを見極め、不必要なものは捨てるという決断をする」など決断の連続が必要です。
片付けができない人は「ものごとを後回しにする」「とりあえずで済ませてしまう」傾向があるため決断力を鍛える練習ができなくなって、心の中に様々なものを溜め込んで、頭の中が整理できなくなってしまいます。


家のキレイをキープしよう2

家のキレイをキープしよう2

家のキレイを保つチョットした習慣2・・☆モノを見えるところに置かないこと
この意識を強く持ちましょう、☆収納スペースは使いやすさを重視すること、☆収納場所はよく考えて決めましょう☆セールや割引に振り回されないようにしましょう。ちょっとしたポイントを守るだけで、部屋のキレイをキープズルことがずっとずっと楽になります。ぜひポイントをおさえて部屋のキレイをキープし続けてくださいね。

家のキレイをキープしよう

家のキレイをキープしよう

頑張っていらないものを捨てて、物の帰る場所を作って整理整頓をして、「やっとキレイになったぁ〜」と思ってもいつの間にか元どおりに・・・そんな経験がある人もいるのではないでしょうか?そんな人は以下の3つの習慣を身につけてください。「1日1回のリセット習慣」「違和感を取り除く習慣」「収納を改善し続ける習慣」毎日のちょっとした習慣でキレイをキープしていきましょう。

片付けを開始しよう6

片付けを開始しよう6

家族全員の靴が下駄箱に入れっぱなしになっている家は多いのではないでしょうか?夏も、冬も、春も、冬も持っている靴を全部下駄箱の中に押し込んで下駄箱が一杯一杯になっていませんか?靴の数が多い家では服の衣替えをするように靴の衣替えもしてみましょう。シーズンが終わった靴は靴箱に入れて個人のスペースで管理をするようにしましょう。使う頻度が少ない頻度のものが多い場合にはそれらも必要な時だけ出すようにしましょう。

片付けを開始しよう5

片付けを開始しよう5

リビングは家族が集まる場所です。家族の色々なメンバーが出入りするので散らかりやすい場所でもあります。ですから、散らからないように家族内のルールを作ったり、散らからない工夫をすることが重要です。しかし、あまり厳密にルールを守らせようとしたり、「せっかく片付けたのに・・」と不機嫌になってしまっては本末転倒です。「○○分以内に片付けられるならOK」というルールを作って、家族に対してピリピリしなくなる工夫をしてください。

片付けを開始しよう4

片付けを開始しよう4

家の中を綺麗に保ちたいのに「家族が協力してくれない」と嘆いている人も少なくありません。しかし、いくら言葉で「綺麗にして!!」といってもなかなか協力を得られるものではありません。そんな悩みを抱える人は「割れ窓理論」を意識して家の中を綺麗に保ちましょう。家庭中を整理整頓し、ピカピカに保つために「取り締まり」というのは行き過ぎにしても、自分が率先して家中を綺麗に保つことで、家族の家の中を綺麗に保つモチベーションを高めていけばよいということです。

片付けを開始しよう3

片付けを開始しよう3

まずは、引き出し、シンク下、コンロ下・・収納場所から一旦全ての物を出してしまいましょう。そして、「キッチンツール」「下ごしらえ用品」「保存容器」「調理器具」に分類しましょう。 そして、「よく使うもの」と「あまり使わないもの」に分類しましょう。「あまり使わないもの」は「本当に必要なのか」をよく考えて、他で代用がきいたり、なくてもなんとかなるものは思い切って捨ててしまいましょう。普段から「よく使う物」だけを厳選して、カウンターやシンクの上には何も置かないようにしましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告