「 睡眠 」一覧

寝る前の時間の過ごし方

寝る前の時間の過ごし方

実は寝る前の時間の過ごし方が人生に大きな影響を与えています。
なぜなら、寝る前に考えていたこと、感じていたことを意識の80%〜90%を占める潜在意識が考え、感じ続けてしまうからです。潜在意識はとても強力なパワーを持っていて、24時間不眠不休で働き続けます。
潜在意識にどんなことを考え、感じてもらう時間が長いかによって、心身の状態が大きく変化してしまいます。

睡眠のための漢方薬

睡眠のための漢方薬

漢方医学では不眠の原因を「心熱」「胆虚」「虚労」の3つに分けて考えます。ここでいう「心」は「血」を循環させるところを表し、心には精神状態をコントロールする働きがあると考えます。
そこが熱くなるのは、ストレスによる緊張や怒りなどの激しい感情のために興奮が続いているからです。心熱による不眠は寝つきが悪くなることが特徴で、鎮静作用のある黄連解毒湯や抑肝散が代表的な処方です。

睡眠薬の基礎知識

睡眠薬の基礎知識

病院で処方される睡眠薬は大きく分けて以下の5つに分類することができます。「バルビツール酸系睡眠薬」(1950年)にはじまり、これまでは「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」(1960年)、「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」(1980年)などがよく使われてきました。これらはいずれもGABA受容体作動薬に分類されるお薬です。その後、「メラトニン受容体作動薬」(2010年)という体内時計を介して眠りをもたらす薬が開発されました。

NO IMAGE

睡眠の質を向上させて幸せ+19(保存版)

健康的で長生きする確率が高いのは、平均睡眠時間7時間の人であることが分かっています。しかし、睡眠はとても個性的なものなので、必要な睡眠時間は人によって異なります。大事なことは、自分が最も調子が良くなる睡眠時間と睡眠の周期を知って、それに合わせた生活をすることです。睡眠のためにできることを知って、自分にとって適切な睡眠を取れるように工夫してください。

睡眠の質を向上させて幸せ+18

睡眠の質を向上させて幸せ+18

仮眠を取る時は仮眠の継続時間を良く考える必要があります。
仮眠の継続時間の長さによって、仮眠の効果が変わってくるからです。
 目覚めたときに残る眠気のことを「睡眠慣性」といいますが、これは睡眠の深さや長さに影響されます。レム睡眠や浅いノンレム睡眠では睡眠慣性は軽いのですが、 深い睡眠(徐波睡眠)を取ると強い睡眠慣性が起こります。
仮眠時間が15分以内なら徐派睡眠はほとんどでませんが、それ以上眠ると徐派睡眠が現れ、睡眠慣性が起こってしまいます。ですから、仮眠の継続時間は目を閉じてから寝つくまでに5分として、20分以内にするようにしてください。

睡眠の質を向上させて幸せ+17

睡眠の質を向上させて幸せ+17

ある考え方にとらわれてしまうことで、不眠症になってしまうことがあります。
不眠症の引き金になりやすい考え方で頭が一杯になってしまうと、どんどん不安になって、交感神経過剰の状態に体が陥ってしまうので、よけい眠れなくなってしまいます。
眠れないから「こんなことは考えないようにしよう」と思って、無理やり考えないようにしようとすると、逆にその考えにこだわってしまうことになってしまうのです。

睡眠の質を向上させて幸せ+16

睡眠の質を向上させて幸せ+16

ストレスを感じることで眠れなくなってしまっている人の多くは、ストレスによって体が過緊張の状態に陥ってしまっているのです。
漸進的筋弛緩法を行って、筋肉を弛緩させ副交感神経の働きを活性化することで心身をリラックスさせ、その状態を自覚することで眠れるようになるのです。また、漸進的筋弛緩法をすることは筋肉に意識を集中するので、頭の中でグルグルと回り続ける不安や悩みごとから気をそらすことにもつながります。

睡眠の質を向上させて幸せ+15

睡眠の質を向上させて幸せ+15

自律訓練法とは決められた言葉を心の中で繰り返すことで自分に軽い催眠術をかける方法です。自分の心と体に意識を向けて繊細な変化を感じ取ることで、深いリラックス感を得られます。自律訓練法は催眠療法をもとにヨガや禅の手法もとり入れているといわれています。
自律訓練法は自己催眠法、自己弛緩訓線法とも呼ばれています。自律訓練法を行うことで寝つきの悪い人、夜中に目覚めやすい人、熟睡感が少ない人の睡眠状態を改善することができます。

睡眠の質を向上させて幸せ+14

睡眠の質を向上させて幸せ+14

マウスピースは格闘技(ボクシングなど)、コンタクトが激しいスポーツ(ラグビーなど)で、歯が折れたり、脳への振動軽減するために持ちられています。
ですからマウスピースはスポーツで用いられるものというイメージが強いのですが、実を言うと睡眠時無呼吸症候群やイビキの治療にも用いられています。マウスピースを上下の歯つけて下顎や舌を前に突きだすことで、上気道(のどの空気の通り道)を広げて呼吸しやすくするのです。

睡眠の質を向上させて幸せ+13

睡眠の質を向上させて幸せ+13

「睡眠時無呼吸症候群」の人は睡眠中に呼吸が止まってしまいます。
その中で鼻や喉の気道(空気が通る道)が閉塞することで起こるものを閉塞性睡眠時無呼吸症候群と呼んでいます。これに有効な治療法に持続陽圧呼吸療法(CPAP)があります。CPAPではマスクを通して圧力をかけた空気を送り込むことで、気道の閉塞を防ぎ、睡眠中の呼吸停止状態を予防します。1998年からは日本でも健康保険が使えるようになっています。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告