「 脳 」一覧

アート脳を鍛えよう8

アート脳を鍛えよう8

身体感覚の鋭敏にすることは、心身の健康のためにもとても重要なことです。
生物は口と腸だけのシンプルな構造から触覚細胞が進化して脳を作ったといわれているからです。つまり、触覚細胞は脳を持った生き物の原点なのです。
生き物として生き生きと、そして人間らしく生きるためには触覚を鋭敏に研ぎ澄ませておく必要があるのです。普段の生活で触覚をできるだけたくさん使いましょう。

身体感覚脳が敏感になると様々な作業やスポーツ、日常の動作がスムーズになり、生活のクオリティーが向上します。

アート脳を鍛えよう7

アート脳を鍛えよう7

香りは本能的な部分に強く働きかけます。 哺乳類脳とも呼ばれる大脳辺縁系を直接刺激するからです。

ですから、何かの香りをきっかけにして忘れていたことを思い出したりするのです。また、嗅覚が敏感になると本能的な感覚が敏感になり、潜在意識の力が解放されやすくなるといわれています。
つまり、これまで潜在意識の中に埋もれてしまっていた才能や能力が解放されるかもしれないということです。嗅覚が敏感になると感受性や歓声が豊かになって、様々なイメージやアイデアもうまれやすくなるからです。普段の生活に嗅覚を刺激する機会を増やしましょう。

アート脳を鍛えよう6

アート脳を鍛えよう6

目を閉じて視覚情報をシャットアウトすることで、香りや味、食感などをより強く感じることができます。
また、「食べる」という生き物にとって大きな喜びを充分に感じる習慣をつけることは、生き物として充分に満たされ、満ち足りた幸せな感覚を感じるために、とても重要なことです。食事という喜びを五感を使って充分に味わう習慣をつけましょう。

アート脳を鍛えよう5

アート脳を鍛えよう5

リズム脳を鍛えることは、音楽を聴くことだけでなく、スポーツや様々な作業を行うことにも役立ちます。リズム感を鍛えるためにはリズムを表現することが一番です。五感を使ってリズムを感じ、それを体を使って表現するのです。
「ミュージシャンのライブ映像を見て曲に合わせて踊ってみる」「ドラムやベース、手足を使ってリズムをとってみる
」などを行ってみましょう。 もちろん、音楽ゲームでリズムをとってもいでしょうし、実際にドラムやベースを習いに行っても良いでしょう。


アート脳を鍛えよう4

アート脳を鍛えよう4

今回は音楽脳の鍛え方について考えてみたいと思います。
音楽は耳から聞こえる音の大きさ、高低、音色、音の組み合わせなどの要素を含みますが、それだけでは音楽を楽しむことはできません。音楽は聴く人の経験や思い出、それに伴う感情と強い関わりがあるからです。
ですから、音楽を楽しむためには様々な音や曲を聴き、それに伴う経験や思い出を積み重ねることで、「音楽を感じる脳内の回路」を作り上げる必要があるのです。

アート脳を鍛えよう3

アート脳を鍛えよう3

人間の目の網膜には赤(R)、緑(G)、ブルー(B)の3色を感じる色素しか存在しないので、実を言うとこの3色の色しか見ることができないのです。つまり、様々な色が見えていると感じていても、RGBの3色だけを見ていて、他の色はその混ざり具合で別の色として脳で加工して認識しているだけなのです。視覚的芸術家のように繊細な色彩の変化を感じ取れるようになるためには、色の3原色をしっかりと見極めるようにしましょう。

アート脳を鍛えよう2

アート脳を鍛えよう2

デザイン脳を鍛えるために、絵描き歌を作ってみましょう。
絵描き歌を作るためには、脳でシンプルな形に分解し、身近なもので置き換え、それを使って歌で再構成して対象物の絵を描いていくひつようがあります。対象物のデザインを分解、身近なものへの関連付け、再構成を繰り返すことでデザイン脳の能力が高まっていきます。

アート脳を鍛えよう

アート脳を鍛えよう

現代人は様々なことを考え絶えず判断しています。
論理的に物事を捉えることが「良いこと」とされる傾向があるため、多くの人は絶えず論理的に考えています。つまり脳の中で「論理的に考える部分だけ」を酷使しているのです。
しかし、論理脳(論理的に考える脳)ばかりを使って論理脳に休息を取らせることができないと、論理脳は疲弊して高いパフォーマンスを出せなくなってしまいます。

成功率を高める脳力

成功率を高める脳力

トップアスリートは「イメージトレーニング」を取り入れています。脳に成功イメージが定着することで心身に変化が生じるからです。試合直前におこなう効果・・ 試合の時のようにアドレナリンが放出されたりして、体で試合の準備が進む
、 心身の準備が整った状態で試合に臨めるので、実際の動きがスムーズになり成功率が上昇する、日常的におこなう効果・・ 成功イメージによって気分や意欲が高まり、心身が活性化しトレーニングの質が向上する


安定と安全を保つ脳力

安定と安全を保つ脳力

空間認知とは自分と対象物との距離や奥行きの感覚を把握する脳力です。
この脳力を発揮するためには自分や対象物が移動する速度や軌道、空気の流れや地面の凹凸など様々な条件を瞬間的に把握し解析することができなければなりません。この脳力が低いと自分の状況が把握できない上、瞬間的に変化に対応できないため、転んだり、ぶつかったり、事故にあったり可能性が高まってしまいます。また、この脳力は心の安定にも大きな関係があります。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告