「 自律神経 」一覧

朝の目覚めの悪い人の体をいたわる習慣2

朝の目覚めの悪い人の体をいたわる習慣2

朝、目がパッと覚めてすぐに活動できる人と、目が覚めても体が重くなかなか動く気になれない人がいます。実を言うとこれは自律神経の切り替え力の差なのです。自律神経のうち睡眠中に優位になる副交感神経から起きているときに優位になる交感神経への切り替えがうまくいくスムーズな人とうまく人といかない人の差なのです。つまり、朝の目覚めが悪い人は副交感神経から交感神経への切り替えを上手にサポートしてあげることで目覚めが良くなるのです。

疲れに強い体を手に入れるために4-3(自律神経3)

疲れに強い体を手に入れるために4-3(自律神経3)

自律神経に影響を与える要素のうち、どれかの変化が激しくなったり、偏りが起こっているときは、その要素の変化や偏りを緩和する、あるいはそのほかの要素を考慮して自律神経のバランスを保つようにしてあげてください。季節や場所によって、どうしようもない要素もありますが、疲れをためない、回復力のある体を維持するために、自律神経のバランスを保つための小さな工夫を積み重ねるようにしていきましょう。

朝の目覚めの悪い人の入浴習慣

朝の目覚めの悪い人の入浴習慣

朝目覚めても体が重く、なかなかシャキッと起きられない人は自律神経の切り替えがうまくいっていないかもしれません。普通は朝起きてしばらくすると交感神経が活性化して、体がだんだんアクティブになってくるものです。しかし、生活サイクルの乱れが続くと睡眠中活性化している副交感神経から、交感神経への切り替えがうまくいかなくなってしまうので、起きてからも頭がぼーっとしたり、ダルさが続いてしまったりします。

疲れに強い体を手に入れるために4-2(自律神経2)

疲れに強い体を手に入れるために4-2(自律神経2)

疲れない体を手に入れるためには「しっかりと休む時間を作って、副交感神経を優位にして体の不調を感じ取る力を回復させ、体の不調に早めに気づいてあげることが必要」だということは前回お伝えしました。今回は自律神経の機能を高めるために、自律神経と時間、自律神経と気圧の関係について考えてみたいと思います。自律神経は時間帯の変化や気圧の変化に強い影響を受けています。

疲れに強い体を手に入れるために4

疲れに強い体を手に入れるために4

交感神経が優位になると知覚は鈍くなって、副交感神経が優位になると知覚が鋭敏になります。交感神経が優位になると神経伝達物質の分泌が抑制され知覚が鈍くなるのです。反対に副交感神経が優位になると神経伝達物質の分泌が増加するので知覚が敏感になり痛み、痒み、味、匂、恐怖、不安などの感覚が鋭敏になります。人間は緊急事態(危機的状況)に交感神経を高めることで体の不調を感じ取る力をシャットダウンして集中力を高めることができるようになっているのです。

自律神経を整えて、穏やかで幸せな一日を過ごしましょう!!

自律神経を整えて、穏やかで幸せな一日を過ごしましょう!!

自律神経を整えることは毎日を健康で元気に過ごすことにつながるだけでなく、いつまでも若々しくいるためのアンチエイジングにもつながります。 様々な方法で自律神経を整えることができます。自律神経の整え方を知って毎日の生活に取り入れていきましょう。

ツボを押して憂鬱・ストレスの簡単ケア・・完骨(かんこつ)

ツボを押して憂鬱・ストレスの簡単ケア・・完骨(かんこつ)

ツボを押して憂鬱・ストレスの簡単ケア(完骨)・・頭部の血流を改善し、セロトニン(感情を安定させる脳内物質)の分泌を安定させます。セロトニンはリズムホルモンとも呼ばれ、一定のリズムを感じると放出されやすくなります。完骨を刺激することで頭部の血流を改善し、心を安定させ、活力を回復させましょう。

ツボを押して不安・ストレス簡単ケア・・天容(てんよう)

ツボを押して不安・ストレス簡単ケア・・天容(てんよう)

律神経のバランスが崩れて、特に交感神経優位になると、イライラが続いたり、動悸がしたり・・・人によっては腹痛やめまいなどを感じる人もいます。なかなか「イライラが治まらない!!」など、自律神経のバランスの乱れによるトラブルを抱えている人は、ツボをケアしてみましょう。

自律神経と心の関係を知って幸せ+

自律神経と心の関係を知って幸せ+

自律神経と心の関係を知って幸せ+・・自立神経の働きと心の状態には強い相互関係があります。自律神経の働きの乱れからくるトラブルは、大きく分けて3つのタイプがあります。「交感神経過剰タイプ」「交感神経・副交感神経切り替え不全タイプ」「交感神経・副交感神経疲労タイプ」です。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告