「 運動 」一覧

身体能力と脳の関係を見直そう

身体能力と脳の関係を見直そう

100万人以上の生徒を調査で学力検査の点数とフィットネスグラムの得点が相関があったのです。
健康な子供の学力検査の点数は健康に問題を抱えている子供の2倍も高くなりました。反対に考えれば、子供の健康を増進させることで、子供はより良い成績が取れるようになるということです。
たくさんの調査結果が運動が記憶力、集中力、学業態度に良い影響与えると報告しています。

運動が学習効果を高めてくれる

運動が学習効果を高めてくれる

アメリカのイリノイ州にあるネーパーヴィル・セントラル高校で行われた体育プログラムをご紹介させてください。

この高校では午前7時10分に体育の時間があります。
1時限目の前に行う体育の授業なので0時限体育と呼ばれています。授業の前に運動することで読解力や他の成績を上げる取り組みです。
最近に研究で運動することで脳のニューロンを結びつく作用が活発になることが分かっています。
学習するためには脳のニューロンが結びつきを作る必要がありますが、運動することが刺激となって脳が学習するための準備を整えて、意欲が生まれて能力が高まるということです。

心と身体の結びつき

心と身体の結びつき

脳は筋肉と同じで使えば育ち使わなければ萎縮してしまいます。(ルーの法則)
脳のニューロン(神経細胞)は「樹状突起」や「軸索」を使って結びついています。
運動をすることで、樹状突起や軸索が成長して結びつきが強化されて脳の機能が強化されていきます。
また、筋肉を動かことで特定のタンパク質が作り出され、それが血流によって脳に運ばれて思考をする際に重要な役割りを果たすこともわかってきています。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告