「 食べ方 」一覧

朝の目覚めの悪い人の体をいたわる習慣2

朝の目覚めの悪い人の体をいたわる習慣2

朝、目がパッと覚めてすぐに活動できる人と、目が覚めても体が重くなかなか動く気になれない人がいます。実を言うとこれは自律神経の切り替え力の差なのです。自律神経のうち睡眠中に優位になる副交感神経から起きているときに優位になる交感神経への切り替えがうまくいくスムーズな人とうまく人といかない人の差なのです。つまり、朝の目覚めが悪い人は副交感神経から交感神経への切り替えを上手にサポートしてあげることで目覚めが良くなるのです。

上手に食べてストレス解消2

上手に食べてストレス解消2

ストレスを感じているとストレスを感じる感覚ばかりに意識が向いて、その感覚ばかりが強くなってしまうので、様々な体の感覚を感じ取る力が低下してしまい、そのことでさらに意識がストレスへ向いてしまうという悪循環が起こっていると言うことです。 嬉しい、楽しい、ワクワクする・・こう言ったポジティブな感覚は、味覚を繊細に感じ取ることができる力、太陽の光を浴びた感覚を感じ取る力、手や足や体が繊細に動いている感覚を感じ取る力・・そういった「繊細な感覚」を感じ取る力が鋭敏になっていてこそ感じられるのです。

上手に食べてストレス解消1

上手に食べてストレス解消1

ストレスと食の間には深い関係が存在します。お腹が減ってイライラして誰かに当たってしまった経験をお持ちではありませんか?反対にお腹がいっぱいになってリラックスして眠たくなってしまった経験はありませんか?実を言うと「噛む」ことも副交感神経を刺激するため、ストレスを緩和して心と体をリラックスさせてくれます。ですから、ストレスがたまったと感じたら、食事を「よく噛む」ことを意識しましょう。ただ、普段あまり食事を噛まずに飲み込んでいる人はよく噛むことに慣れるまでイライラしてしまうかもしれません。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告