シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

老化と肝臓

シェアする


肝臓は活性酸素の影響を受けやすい!

幸せ力講師

体の中で非常に重要な働きを担っている肝臓が活性酸素の影響を受けやすい臓器であることを知っていますか?
肝臓はダメージを自覚しにくい臓器ですから、活性酸素の害から守るために早い時期からケアを始めることが重要です。

肝臓は解毒・代謝・胆汁の生産など生命を維持するために必要な機能をたくさん持っています。
肝臓では何千種類もの酵素を500以上の化学変化を起こして作られているため、肝臓の健康状態はすべての臓器に重大な影響を与えるからです。

大量の活性酸素と肝臓

肝臓には1日に約260ℓ(ドラム缶約11本分)の血液が送り込まれます。
肝臓では血液によって運ばれた酸素をエネルギー源として働いているため、大量の酸素を消費しながら大量の活性酸素も発生させています。

肝臓

活性酸素には強力な酸化力があり、その酸化力によって体内に侵入してきた細菌やウィルスを退治する大切な役割がありますが、大量に発生すると健康な細胞まで酸化させてしまいます。そのために肝臓は活性酸素によるダメージを受けやすいのです。

30代までは肝臓で性酸素を無害化する抗酸化酵素をつくって、余分な活性酸素から肝臓を守ることができるのですが、40代になるとその酵素の生産能力が徐々に減少し始めるため、体(特に肝臓)が酸化して老化のスピードが加速し始めてしまいます。

老化が進むと次第に疲れやすい、肌の調子が悪いなど体の不調が出始めます。
特に肥満やアルコールによって中性脂肪が増加して活性酸素と結びつくと、有害な過酸化脂質が増加します。過酸化脂質はさらに活性酸素を増加させ、その活性酸素がさらなる過酸化脂質を作るという悪循環が起こってしまいます。

その悪循環は全身の健康状態に影響を与えます。
活性酸素の悪影響から体を守るためには、抗酸化力をたかめて行く必要があります。

幸せ力アドバイザー

アスタキサンチン、レスベラトロール、ビタミンC・E、コエンザイムQ10など強い抗酸化力を持つ成分を積極的に摂りましょう。

また負電荷療法も効果的です。負電荷療法体にマイナスイオン(e-)を作用させることで活性酸素を中和して、その害を防ぐ療法です。有効なえい要素の摂取と負電荷療法を使って老化の進行にブレーキをかけましょう。

解説

  • アスタキサンチン
    トマトやニンジンなど食材に含まれるリコペン(トマト)やβ-カロテン(ニンジン)は、「カロテノイド」と呼ばれる天然色素でアスタキサンチンも、これらと同じカロテノイドの仲間です。
  • レスベラトロール
    レスベラトロールは、ブドウの茎や皮などから抽出されるエキスの中に微量に含まれる成分で、ポリフェノールの一種です。