健康

心のための習い事のブログ

頬杖をして悩む女性
健康

体のケアで幸+する講座12

ツボを押して憂鬱・ストレスの簡単ケア(完骨)・・頭部の血流を改善し、セロトニン(感情を安定させる脳内物質)の分泌を安定させます。セロトニンはリズムホルモンとも呼ばれ、一定のリズムを感じると放出されやすくなります。完骨を刺激することで頭部の血流を改善し、心を安定させ、活力を回復させましょう。

セフフケアグッズ
健康

体のケアで幸+する講座11

反射区を知ろう(リフレクソロジー)・・リフレクソロジーの反射区への刺激とツボ押しは混同されがちですが実は大きく異なります。 「ツボは、自律神経へのhたらきかけ」「反射区は気の流れの調整」をしています。 それぞれの特徴を理解して、目的や状況に合わせて上手に使い分けましょう!!

ロールケーキ
健康

食べ物で心をケアする講座11

砂糖や精製されたデンプンを食べれば食べるほど乳酸レベルが上がります。乳酸レベルが上がると疲労を感じるだけでなく、不安を感じるようになります。砂糖、カフェイン、アルコールといった物質を多くとると乳酸が血液中に蓄積し、疲労と不安が発生します。「いきすぎた不安」が継続している方は、マグネシウム、カルシウム、ナイアシンを積極的に摂ってみましょう。

健康

体のケアで幸+する講座10

血行の良い体・・疲れの取れやすい体を作って幸せ+・・疲れの取れやすい体(回復力のある体)とは、「血行の良い体」です。 血行が良く、老廃物を早く排出できる体、つまり疲れの取れやすい体にするためには、生活の中で気をつけるべきポイントがいくつかあります。

粉末
健康

食べ物で心をケアする講座8

アミノ酸の働きは次の5つに分けることができます・・細胞、組織、臓器を作る、体の成長と修復を助ける、食物の消化、伝達物質、ホルモンの生産に欠かせない酵素の構成成分として使われる、脳、内分泌系、免疫系を連動させる、ブドウ糖に変換されてエネルギーとして使われる

肉の塊
健康

食べ物で心をケアする講座7

脳内伝達物質が思考と感情を作っています!・・脳の性質は食べ物で決まります! 食べたものは、歯で砕かれ、胃腸では酵素によって小さな栄養素に分解されて、腸管から吸収され、血液に溶け込みます。 そしてこの栄養素は血液の流れによって脳に運ばれ様々な用途に使われます。

新緑に刺す朝日・光
健康

体のケアで幸+する講座9

「副交換神経型の人の疲れの取り方」 副交換神経型の人の疲れは、「交感神経を使う機会が少なく、体の機能が低下している」のが原因です。 ですから、よく言われている「栄養のあるものを食べて、ゆっくり休む」というやり方をすると余計に疲れがひどくなります。

健康

体のケアで幸+する講座8

交換神経型の人の疲れの取り方・・交換神経型の人は活動的なので、無理をし過ぎる傾向があります。休息も取らずに何時間も集中して仕事をしてしまうようなことも多くなってしまいがちです。 ですから、1時間に1度は体を動かして緊張をほぐしたり、気分転換をしたりという事を意図的に習慣づけましょう。

サイト情報