「 幸せ+の習い事-身体 」一覧

自律神経を調える

自律神経を調える

運動不足になると全身の血行が悪くなり、自律神経のバランスをを崩しがちです。ウォーキングやストレッチなどの運動習慣を取り入れましょう。どうしても運動したくない人はEMS(筋肉を鍛える電流)を使って、テレビをみながらなどの「ながら運動」をしてみましょう。

過剰な不安の原因と対処4

過剰な不安の原因と対処4

今回は過剰な不安の原因2の「興奮性伝達物質の過剰」について考えてみましょう。興奮物質が過剰になる原因は、生活環境やストレスや食事習慣などが関係しています。まずは生活習慣の改善や食習慣の改善からはじめましょう。

過剰な不安の原因と対処3

過剰な不安の原因と対処3

精製された砂糖やデンプンをたくさん食べると血中の乳酸レベルがが上昇します。(ブドウ糖が代謝されて最終的に乳酸が生成されます)乳酸レベルの上昇は疲労感や不安感を強くします。乳酸が増えるとカルシウムが不足して不安感を強く感じるようになってしまいます。

疲れが取れやすい体を作ろう20

疲れが取れやすい体を作ろう20

疲れを効果的に回復させるためには質の高い睡眠をとることが必須です。
そのために枕を変えたり、ぬるめのお風呂にゆっくり入るなど、睡眠中や睡眠前に何かをして睡眠の質を高めるようとする人は少なくないでしょう。しかし睡眠の質を高めるためには睡眠中や睡眠前だけでなく、生活習慣全般を見直す必要があります。
特に光との付き合い方を考えることはとても重要です。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告