「 幸せ+-心と食べ物 」一覧

過剰な不安の原因と対処4

過剰な不安の原因と対処4

今回は過剰な不安の原因2の「興奮性伝達物質の過剰」について考えてみましょう。興奮物質が過剰になる原因は、生活環境やストレスや食事習慣などが関係しています。まずは生活習慣の改善や食習慣の改善からはじめましょう。

過剰な不安の原因と対処3

過剰な不安の原因と対処3

精製された砂糖やデンプンをたくさん食べると血中の乳酸レベルがが上昇します。(ブドウ糖が代謝されて最終的に乳酸が生成されます)乳酸レベルの上昇は疲労感や不安感を強くします。乳酸が増えるとカルシウムが不足して不安感を強く感じるようになってしまいます。

アート脳を鍛えよう6

アート脳を鍛えよう6

目を閉じて視覚情報をシャットアウトすることで、香りや味、食感などをより強く感じることができます。
また、「食べる」という生き物にとって大きな喜びを充分に感じる習慣をつけることは、生き物として充分に満たされ、満ち足りた幸せな感覚を感じるために、とても重要なことです。食事という喜びを五感を使って充分に味わう習慣をつけましょう。

睡眠の質を向上させて幸せ+6

睡眠の質を向上させて幸せ+6

起きていなくてはならないのに眠気に襲われてしまった時、コーヒーやお茶などのカフェインを含んだ飲み物を飲む方は多いのではないでしょうか?

カフェインが効果を発揮する時間は年齢と肝機能の高さで変わるので、若い人で30分~2 時間程度、 高齢者で4 ~5時間程度になります。気をつけてほしいことは同じコーヒーでも豆の産地や種類、お湯の温度、抽出時間、抽出量でカフェインの量に大きな差があるということです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告