幸せ+のコツ

毎日の生活に幸せを+するコツについての記事

疲労困憊の女性
幸せ+のコツ

幸せを増やす講座99

疲れのタイプには「交感神経型疲労タイプ」と「副交感神経型疲労タイプ」「自律神経スイッチング不良タイプ」の3つがあります。Aが多かった人は「交感神経型疲労タイプ」、Bが多かった人は「副交感神経型疲労タイプ」です。AとBの数にあまり差がなく体調が悪い人は、「自律神経スイッチング不良タイプ」(自律神経切り替えがうまくいかなくなって自律神経の働きが不安定になっているタイプ)です。

虹に向かう男性
幸せ+のコツ

幸せを増やす講座98

多くの人が「成功したい」と口にしながら、「自分がこれまで成し遂げたこと」「自分がこれから成し遂げたいこと」を考える時間より、過去の失敗について考える時間の方が多いようです。 「成し遂げたこと」「成し遂げたいこと」について考える時間を取るようにしましょう。毎日を小さな目標を達成し、それを記憶に刻みこみながら自信と勇気を育てていきましょう。できないことや失敗したことを後悔するのではなく、反省し改善点を見つけたら、自分の成し遂げたこと、成し遂げたいことに意識を向けるようにしていくのです。

ベッドで眠る女性
幸せ+のコツ

幸せを増やす講座95

休息と聞くと多くの人が「何もしないこと」や「寝ること」を思い浮かべるようです。これらを「消極的休息」といい、体を「使わない」ことを目的とした休息方法です。しかし、普段理論的な仕事をしている人で、横になって休んでいる時も仕事のことを思い浮かべ論理的思考をしていると、体の中で使っている脳や神経回路など論理的思考に必要な部分は普段と同じように使い続けていますから、その部分は全く休息していないことになります。

サイト情報