2014年 2月

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

肉の塊
幸せ+のコツ

心を創る物質アミノ酸

脳内伝達物質が思考と感情を作っています!・・脳の性質は食べ物で決まります! 食べたものは、歯で砕かれ、胃腸では酵素によって小さな栄養素に分解されて、腸管から吸収され、血液に溶け込みます。 そしてこの栄養素は血液の流れによって脳に運ばれ様々な用途に使われます。

整理された本棚
幸せ+のコツ

身の回りの整理のステップ2:収める場所を決める(収納)

身の回りの整理のステップ2:収める場所を決める(収納)・・・「身の回りを整理する」というのは、しまいこむことではなく使うために収めておくことです。 そのためには、使った後に戻す場所(定位置)を決めておくことが大切です。

新緑に刺す朝日・光
幸せ+のコツ

副交換神経型の人の疲れの取り方

「副交換神経型の人の疲れの取り方」 副交換神経型の人の疲れは、「交感神経を使う機会が少なく、体の機能が低下している」のが原因です。 ですから、よく言われている「栄養のあるものを食べて、ゆっくり休む」というやり方をすると余計に疲れがひどくなります。

喜怒哀楽
幸せ+のコツ

感情の強化と弱化

頑張ることや努力する事はとても大切なことですが、それ以上に心地よさや充実感を感じるために時間を取ることも大切なのです。 ネガティブな感情を抱いている時はエネルギー消費や体への負担が通常でも4倍以上かかりますし、それを繰り返していると、エネルギー消費や体への負担が5倍、10倍とドンドン大きくなっていってしまいます。

幸せ+のコツ

交換神経型の人の疲れの取り方

交換神経型の人の疲れの取り方・・交換神経型の人は活動的なので、無理をし過ぎる傾向があります。休息も取らずに何時間も集中して仕事をしてしまうようなことも多くなってしまいがちです。 ですから、1時間に1度は体を動かして緊張をほぐしたり、気分転換をしたりという事を意図的に習慣づけましょう。

綺麗な歯
幸せ+のコツ

人の体と食べ物の関係

【人の体と食べ物の関係】 「栄養バランスのとれた食事」とはどんなものでしょう?身体に対する理解を深めることで、食べ物の重要性が改めて見えてきます。 また、臼歯の本数が切り歯や犬歯と比べて圧倒的に多いのは、人間の食性が「穀類を中心とした雑食動物」であることをあらわしています。

サイト情報