• HOME
  • 2016年 11月

2016年 11月

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

太陽の光で幸せ+
幸せ+のコツ

疲れが取れやすい体を作ろう5−1

「交感神経を刺激する生活」ための活動的な生活をで困難に感じてしまう人は、最初に体内時計をリセットし、交感神経を刺激するために太陽の光を積極的に浴びることから始めてみてください。太陽の光を浴びることが肌に良くないといって、できる限り太陽の光を浴びないようにする人もいますが、1日最低15分〜20分は太陽の光を浴びないと十分に交感神経が働かないのです。

顕在意識と潜在意識の関係
幸せ+のコツ

変化のための早道

子供は物覚えが早いものです。10歳ぐらいまでの子供には潜在意識と顕在意識を区分けするクリティカルファカルティと呼ばれる仕切りがなく、顕在意識というフィルターがないからです。子供は潜在意識がむき出しのまま暮らしているのです。子供の経験や記憶はダイレクトに潜在意識の中に飛び込んで定着します。だから大人と比べて吸収や成長のスピードが早いのです。

自分の意思で回復
幸せ+のコツ

疲れが取れやすい体を作ろう4−4

交感神経の疲れがたまると起こるトラブルとその解消法について先回ご説明しましたが、今回は、その補足をさせていただきます。先回は交感神経を落ち着かせ副交感神経を活性化するために、リラックスすること、体を温めること、血流を改善することなどをお伝えしましたが、今回は交感神経型疲れを取るためのその他の方法についてお話しします。

体を温めよう
幸せ+のコツ

疲れが取れやすい体を作ろう4−3

交感神経の過緊張が続いて、酸素と血糖値の不足や血流の低下が続くと筋肉や内臓にダメージが蓄積されていきます。交感神経型の疲れが溜まってくると、このような変化が現れはじめます。このような変化は、大きな病気の警戒シグナルだと考えてください。交感神経を落ち着かせ副交感神経を活性化するために、リラックスすること、体を温めること、血流を改善することなどを心がけましょう。

我慢・辛抱とコミュニケーションスキル
コミュニケーションレッスン

コミュニケーション講座の魅力3

人にわかってもらえなくて絶えずイライラした気持ちを抱えたまま・・時折そんな自分が大嫌いだと感じてしまったりしていませんか?すごく頑張っているのに・・・精一杯努力しているのに・・いつも空回りしてしまっていませんか?小さな時から内気だったり、何かのきっかけで人と関わる時間が少なくて、コミュニケーションスキルを向上させる機会を逃してしまったことで、いつも不公平な扱いを受けてしまう・・そんな理不尽な話は想像以上に多いのです。

電車通勤
幸せ+のコツ

リラックスの準備をしよう

現代では夜になっても明かりが煌々と灯り、移動中はスマートフォン(ブルーライトが交感神経を刺激)をしながら、昼間してしまった仕事の後悔や明日の人間関係の心配をしています。9時過ぎに家に帰って慌ててお風呂に入って12時にベッドに入っていては、良質の睡眠をとるために必要なリラックス感を得られないのです。結果的に朝の気分が優れない、疲れが抜けない、免疫が低下して風邪をひきやすいなど様々なトラブルを引き起こします。

体操する女性
幸せ+のコツ

疲れが取れやすい体を作ろう4−2

血中酸素濃度と糖濃度が低い状態が続いてしまうと、脳、筋肉、内臓で酸素や栄養が不足してしまいます。
大切な臓器での酸素や栄養の不足は、その働きを低下させるので体が重たく感じ始めます。さらに緊張状態(交感神経優位の状態)が続くと、血管が収縮して細くなるので体温も低下していきます。短時間なら血流の悪化によって温度が下がっても、血流が改善すればすぐに体温も上昇するのですが、長時間続いてしまうと収縮し続けた血管が戻りにくくなってしまうので、体温が上昇しにくくなってしまいます。

サイト情報