反射区を(リフレクソロジー)を知って幸せプラス

反射区を(リフレクソロジー)を知って幸せプラス

反射区を知ろう(リフレクソロジー)・・リフレクソロジーの反射区への刺激とツボ押しは混同されがちですが実は大きく異なります。 「ツボは、自律神経へのhたらきかけ」「反射区は気の流れの調整」をしています。 それぞれの特徴を理解して、目的や状況に合わせて上手に使い分けましょう!!

脳と身体機能の向上・・・手足の連動

脳と身体機能の向上・・・手足の連動

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。 脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は手と足の動きをミックスして行います。

快と不快のバランスを整えて幸せ+

快と不快のバランスを整えて幸せ+

「自分に厳しいことは良いことだ」「自分を甘やかしてはいけない」そんな風に思ってはいませんか?確かに自分を律し、向上しようとする気持ちは大切です。しかし、ひたすら自分に厳しく接することは本当に良い事なのでしょうか?人が成長していくためにもっとも良いのは、「快と不快のバランスが2:1」だと言われています。

仕草を理解するための注意点

仕草を理解するための注意点

仕草の意味を理解し、それを読み取ったり、セルフプレゼンテーションのために利用することは、人間関係をより良好なものにするためにとても役に立ちます。しかし、仕草を理解するために注意しておかなければならない注意点がありますのでご紹介します。

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+③

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+③

「体幹ストレッチで大切な事」・・体幹のストレッチを効率よく行うためには。脊柱周り、骨盤周り、肩甲骨まわり、股関節周りのどの部位をストレッチしているのか意識して各パーツごとに丁寧に行うことが大切です。今日は体幹のストレッチ(体幹側屈:脊柱と骨盤)をお伝えします。

脳と身体機能の向上・・・左右の手の異なる動作2

脳と身体機能の向上・・・左右の手の異なる動作2

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は左右の手の動きをミックスして行います。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告