2014年 6月

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

おヘソが表すノンバーバル①
幸せ+のコツ

ノンバーバルの意味を知って幸せ+(おヘソ①)

今日は、ボディーランゲージの意味についてお話しします。おヘソはとても重要なメッセンジャーです。おヘソの向きは興味の強さを示しているからです。 人の気分によっておへその向きは変化するのです。例えば「これまでこちらを向いていたおへそが、急に出口に向く」のは、早く会話を終わらせ、この場を立ち去りたいという意思のあらわれです。おヘソの向きに注意していると、相手の意志や興味を見つけやすくなるので、ぜひ観察してみてくださいね。

幸せ+のコツ

ボディーイメージで自信を育てて幸せ+

自信がある人は、ボディーイメージを実際の自分の体よりも一回り大きく感じていて、自信がない人は、ボディーイメージを実際の自分の体よりも一回りも二回りも小さく感じています。ボディーイメージと自信の大きさはこうして密接な関係にあります。心⇒体の関係は、体⇒心の関係としてとらえることもできるのです。体を大きく使い、仕草や動きを大きくして、姿勢をまっすぐ伸ばして大きく見ると自信が湧いてきます。ボディーイメージを使って自信を育てるバックアップをしてあげてください。

身体機能の維持・向上
幸せ+のコツ

体の感覚を調整して幸せ+

体を鍛えることで体の感覚が変わってきます。男性なら胸板を厚くする、女性ならウェストやヒップをしぼったり、体幹を鍛える、骨盤の位置を正しくして姿勢や体の歪みを調整するなど体を鍛えていくことで体から感じ取る感覚が変化します。その為にも、毎日の規則正しい生活リズム、適度な運動をして体を感じ、自分の体と対話し、変化に敏感に気づくこと・・そうした日々の繰り返しが幸せで穏やかな感覚を育てていくのだということを知っておいてください。

相手の基準となるノンバーバルを知っておこう
幸せ+のコツ

ノンバーバルの基準を知って幸せ+

繰り返し接する相手のノンバーバルの基準を理解するには、その人の普段を良く観察する必要があります。いつもの状態を把握、理解しておくことで、いつもと違う状態を見分け気付けるようになるのです。大切なことは「~したから、~だ」と決めつけないことです。普段からのその人の状態を知ったうえで、その基準からはみ出したノンバーバルを見つけて判断していきましょう。

ジョギング
幸せ+のコツ

下半身の運動不足を解消して幸せ+

疲れの取れやすい体(回復力のある体)とは「血行の良い体」です。血行が良く、老廃物を早く排出できる体、つまり疲れの取れやすい体にするためには、生活の中で気をつけるべきポイントがいくつかあります。基礎代謝をアップさせ、血流量をアップさせるためには、歩くことや下半身を使うスポーツが大切です。運動不足になると体が冷えやすくなり、血流量が低下して疲れの取れにくい体になってしまいますので気をつけましょう。

幸せ+のコツ

心のためのボディーワーク・・・音認識と動作の連動

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。 脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は声と音声認識と動作をミックスして行います。

サイト情報