シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

疲れへの具体的対処法(交感神経型2)

シェアする


血行を良くしよう

血中の酸素濃度と糖濃度の低下が続くと、脳、筋肉、内臓の一部で酸素不足と栄養不足を起こしてしまいます。
そうなると体が少し重たく感じ始めます。
ポイント

緊張する状況(冠婚葬祭への出席、デスクワークなど)が続くと肩や腰での血流が悪化して温度が下がってしまうからです。
短い時間であれば一旦血流が悪化して温度が下がってしまってもすぐに回復するのですが、長時間その状態が続くと、交感神経の過緊張がつづくことで血管収縮し続けて戻りにくくなってしまいます。

こんな時は「深呼吸+血流改善運動」で交感神経の過緊張と血管の過収縮を解消しましょう。
各部位の運動については別途解説しますが、ハリやコリを感じる部分を、大きく深呼吸しながらゆっくりと丁寧に動かせば大丈夫です。

体操する女性

深呼吸しながら体を動かそう!

肩を回したり、肩甲骨を寄せたり、腰に手を当てて左右に動かしたり、回したり・・思いつかなければラジオ体操で良いでしょう。
15分程度行うと良いでしょう。

目が疲れやすい人は目を閉じて目を上下左右に動かしたり外回し内回しで眼球を動かしてみましょう。
血行の改善についても長時間続けば続くほど解消するのが難しくなってきますので、できれば1時間に1回とか午前、午後、夕方に1回ずつとかある程度時間を決めて行うと良いでしょう。


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする