胃がもたれる人の体をいたわる習慣

とんかつ
幸せ+のコツ

消化吸収を助けよう

脂っこいものを食べると胃がもたれるという人は多いのではないでしょうか?
胃がもたれるのは食べたものがいつまでも胃の中に残っているから起こる症状です。

ポイント

胃腸が疲労したり、元々の体質で胃粘液と胃酸のバランスが崩れてしまっていることで起こります。
ですから、脂っこいものを食べたら胃がもたれてしまうという人は、消化吸収の効率を良くするために以下のことをしてみましょう。

消化吸収を助けるためにできること

  • キャベツ、大根などを一緒に食べる
    キャベツには胃粘膜を保護する働きがありますし、大根には消化酵素が含まれていますので、キャベツと大根を一緒に食べることは消化吸収を助けるためには効果的です。
  • 温かい飲み物を飲む
    温かい飲み物を少量飲むことで胃の蠕動運動のリズムが整います。

あまり熱すぎるもの、冷たすぎるものをたくさん摂ってしまうと、急激な温度変化に胃がビックリして食べ物を送り出す蠕動運動のリズムが崩れてしまいます。
食後に体温より少し熱めの40度前後の飲み物を少量摂ることで胃の蠕動運動のリズムを整えてあげましょう。


[cft format=1]

奥村英樹

15,870 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報