2014年 5月

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

幸せ+のコツ

脳と身体機能の向上・・・声と左右動作の連動

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。 脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は声と左右の仕草をミックスして行います。

鎖骨リンパマッサージ
幸せ+のコツ

リンパマッサージとツボ押しを組み合わせてストレス解消

首はとても負担が大きく、凝りやすい場所です。首のリンパ節あたりは頭や顔のリンパが集まってくる場所で、これは鎖骨のリンパ部分から血液と合流していきますから、「首のリンパストレッチ → 鎖骨リンパマッサージ → 首付近のツボ(天容+完骨)を押す」ことで、効果が倍増します。

視覚と手の連動
幸せ+のコツ

脳と身体機能の向上・・・両手と視覚の連動

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。 脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は手と視覚をミックスして行います。

体幹捻りを習う
幸せ+のコツ

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+④

体幹を捻るストレッチのコツは骨盤(腰)を固定したまま肩を水平に捻ることです。体幹の土台である骨盤を回すと骨盤ごと背骨が回ってしまい、脊柱周りのストレッチになりません。うまくいかない人は、最初椅子に座って行うと骨盤を固定した感覚を得られやすいでしょう。ここで知っておいていただきたいのは、腰椎(腰の骨)は横にねじれないという事です。

手足の連動 基本動作
幸せ+のコツ

脳と身体機能の向上・・・手足の連動

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。 脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は手と足の動きをミックスして行います。

体幹側屈
幸せ+のコツ

体幹ストレッチで大切な事で幸せ+③

「体幹ストレッチで大切な事」・・体幹のストレッチを効率よく行うためには。脊柱周り、骨盤周り、肩甲骨まわり、股関節周りのどの部位をストレッチしているのか意識して各パーツごとに丁寧に行うことが大切です。今日は体幹のストレッチ(体幹側屈:脊柱と骨盤)をお伝えします。

左右の手の異なる動作2の基本動作
幸せ+のコツ

脳と身体機能の向上・・・左右の手の異なる動作2

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は左右の手の動きをミックスして行います。

サイト情報