「 お酒 」一覧

アルコール依存症と寝酒

アルコール依存症と寝酒

眠れない時に寝酒を飲む人は多いのではないでしょうか?気をつけなければならないことは、眠るためにアルコールを常時飲んでいるとアルコールへの耐性ができてきて、より多くの飲まなければ眠れなくなってしまうということです。ですから、寝酒をする人はアルコール依存症になる確率が高く、寝酒をせず、不眠傾向がない人の2~5倍、アルコール依存症に陥る危険性が高くなるのです。飲酒にたよるのではなく、適切な治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告