シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

疲れがとれる入浴とは?

シェアする


入浴の質を高めよう!

「疲れがとれない」と嘆いている人には、せっかくの入浴タイムで湯船につからずシャワーだけで済ませてしまっている人が多いようです。
夜ゆっくりと湯船に浸かる人は副交感神経の働きが活発になります。

注目・注意(小)副交感神経の働きが活発になると筋肉が弛緩して柔らかくなるとともに、血流が良くなって疲労物質が筋肉から流れ出して疲れがとれます。
体は眠るための準備をし始めてくれるので睡眠の質も向上し、体の修復能力や免疫力もも向上します。
汗もたくさんいてストレスの緩和にもつながります。

反対にシャワーだけで済ませてしまう人は、副交感神経を活性化するチャンスをなくすので、交感神経過剰のまま夜を過ごすことになってしまいます。
疲れも取れにくく、回復力、免疫力が低下し、ストレスもたまりやすくなっていきます。

シャワーだけですませる人の一部は基礎体温が低い人が多いようです。
体温が低いため湯船に浸かると熱く感じてしまって長く湯船に浸かっていられないのです。

低体温の人は

  • 交感神経の過剰によって血流が悪くなっている人
  • 運動不足で筋肉での発熱量が減っている人
  • 体を冷やす食べ物(白砂糖、冷たい飲み物など)を摂り過ぎている人
  • 体を冷やす生活をしている人(エアコンのかけすぎ、皮膚の露出が多いなど)

などが原因の場合が多いので、生活改善に取り組む必要があるでしょう。

生活習慣を変えることで基礎体温が上昇し、湯船に浸かることを気持ち良いと思えるようになるでしょう。

ちょっと休憩

ちょっと休憩

疲れを取るための入浴のポイントとしては、40度〜42度のぬるめの湯船に20分以上浸かることがオススメですが、低体温の人はその温度でも「熱い」と感じて長く入れませんので、38度〜39度ぐらいで湯船につかる習慣をつけていきましょう。

湯船の温度は基礎体温プラス4度程度が良いといわれていますが、温度を調節しながら「気持ち良い」と感じられる温度を探してみましょう。
自分の体に気持ち良い温度を探すことは自分の体と対話することにもつながり、体調管理やストレス緩和にもつながります。

疲れがとれる入浴ポイント

入浴2

入浴の質を高めよう!

  • 湯船の温度は基礎体温プラス4度程度で「気持ちが良い」と感じられる温度を探しましょう。
  • 湯船につかる前に体の末端(足や手)にお湯をかけて少し体温を上げましょう。
    湯船に浸かった時に体温と湯船の温度差が大きいと交感神経が優位になってしまいますし、心臓など循環器系にも負担がかかってしまいます。
  • 全身浴で10分から20分、半身浴では40分程度は湯船につかりましょう。
    半身浴だとゆっくり体温が上がるので副交感神経が優位になりやすいのでオススメですが、冬場などは上半身が冷えて副交感神経が働きにくくなってしまうので、掛け湯をしたりタオルをかけたりして温めながら入ってください。半身浴と全身浴を10分程度で交互に行うのもオススメです。
    この場合、全身浴から半身浴に切り替えた時、手を冷水に入れたり、冷たいタオルを首の付け根に当てたりして、自律神経の切り替え練習をするのも良いでしょう。
    サウナなどで冷たい水と熱いサウナを行ったり来たりする交換浴がありますので、浴槽から出て冷たいシャワーを浴びても良いのですが、刺激が強いので、指先や足先、首の付け根などを冷やす程度でも効果は自律神経の切り替えトレーニングの効果は十分に期待できます。

湯船につかることを習慣にすると、体温が上昇しやすくなって汗もかきやすくなってきます。
循環器の状態が良くなって冷え症緩和にも期待が持てます。

また、ゆっくり湯船に浸かっていると、皮脂腺が活性化して体の中に溜まった毒素(化学物質や不必要な金属など)が排泄されます。(デトックス効果
体の中に溜まった毒素が排泄されると体調もよくなっていきます。シャワー派の人は、ぜひ湯船につかるという習慣を身につけてくださいね。


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする