肩コリがヒドイ人の体をいたわる習慣

肩甲骨を動かす
幸せ+のコツ

肩コリ=マッサージと思っていませんか?

肩がこったなぁという時、その部分をマッサージすることを考える人は多いのではないでしょうか?
押したり、揉んだり、叩いたり・・でも一人で肩をマッサージしても、なかなかそのコリが取れるものではありません。
注目・注意(小)ですから、肩コリには肩甲骨周辺の筋肉を動かすことで対処しましょう
肩コリは多くの場合、肩甲骨周辺の筋肉の活動が停滞していることで起こります。

肩甲骨は首と腕と胴体をつないでいる重要な骨で、動かないでじっとしていると、その周辺の筋肉にとても大きな負担がかかってしまうのです。
一定時間ごと(1時間に1回、10回〜30回程度)、肩に手を置いて肘で円を描くように大きく回しましょう。

ポイント

肩甲骨を動かす

肩甲骨をしっかり動かしましょ!

肩甲骨を動かすことが目的ですから、

  • 肘が前の時:2つの肩甲骨が離れていることを意識しましょう。
  • 肘が後の時:2つの肩甲骨が目一杯近づいていることを意識しましょう。
  • 肘が上の時:肩甲骨が目一杯上に上がっていることを意識しましょう。
  • 肘が下の時:肩甲骨が目一杯下に下がっていることを意識しましょう。

この運動を繰り返すことで、肩甲骨周りの筋肉が動いて柔軟性が増し、血流が改善されてきますので、肩コリの症状が緩和してくるはずです。
慌てず、無理せず、気持ち良く続けるようにしてください。


[cft format=1]

奥村英樹

15,870 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報