モチベーションをアップする4

生き方の構造
幸せ+のコツ

毎日自分のための時間を取ろう

1日の時間は1440分です。
この時間を全て計画通りに過ごすことはできないかもしれません。

チェックでも、自分のための時間を必ず確保するようにしましょう。

人は個人である前に生き物であり、家族である前に個人です。
社会の一員である前に家族であり、世界の一員である前に社会の一員なのです。

ですから、もし個人として良い人生を歩みたければ生物としての自分を大切にする時間が必要ですし、家族にとって良い存在でありたければ個人としての自分を大切にできている必要があるのです。

さらには社会で長期間成功し続けるためにも良い家族が必要です。

生き方の構造

人生の構造

ですから、生き物としての自分を大切にするために、健康に留意した生活を送ることはもとより、自分自身のための時間を確保しましょう。

その時間を使って、自分の人生の目標や楽しみについて考えるようにしましょう。
もちろん、それに従って楽しむための時間として使っても構いません。

時間のない人は通勤の時、散歩の時間でも構わないのです。
1日数分からでも構いません。

それを自分の楽しみや目標を考えたり、楽しむための時間に当てるようにしましょう。
そうすることで家族や社会のために尽力するエネルギーが生まれてくるでしょう。


[cft format=1]

奥村英樹

15,870 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報