未知の発想を学ぼう

話を聞く
幸せ+のコツ

人は皆違う経験をしています

新しいアイデアや人の話を聞いたときに、すぐに「良いか悪いか」「できるかできないか」「やるかやらないか」などを判断して人に伝える人がいます。
もちろん、そうした素早い判断が必要なときもあるでしょう。

注目・注意(小)しかし、そのアイデアや話を聞いたとき、今の自分では肯定的に受け取れないとしても、「なぜ、そう思ったのか?」「なぜ、そうしたいのか?」を聞いてみましょう

人はそれまでの経験一人一人全く違いますから、肯定的に受け取れるアイデアや話もそれぞれ全く違います。
なのに、自分の経験だけを基準に判断していたら、過去の経験からしか学べないことになってしまいます。

話を聞く

なぜそう考えたの?

人のアイデアや話が生まれるまでの過程を聞いてみましょう。
そこには自分がこれまで考えたこともない、未知の発想が隠れているはずです。

結果だけでなく過程に目を向けることで、毎日新しい発見続くだけでなく、その過程を経験したその人への敬意も生まれるこでしょう。
自分が未知の発想を学べるだけでなく、人間関係もさらに深く、良好なものになっていくはずです。


[cft format=1]

奥村英樹

18,166 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報