疲れが取れやすい体を作ろう2−6

エアコン
幸せ+のコツ

幸せ力講座予約詳細バナー

冷暖房からの悪影響から体を守ろう!(体を冷やさない)

幸せ力講師

エアコンが普及した現代では、ほとんどの場所で夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができるようになりました。
快適な生活は素晴らしいことのように思えますが、「自然のリズムにあった生活」ができなくなっているということでもあります。

人の体は本来季節に適応した活動をして体を守ろうとします。
夏は体に熱を溜め込まなくするために、基礎代謝を低下させて作り出す熱量を減らしたり、反対に冬場は体の熱を低下させないように、基礎代謝を高めてたくさん熱を作り出します。

夏バテして食欲が落ちてもあまり体重は減らなかったり、冬はお腹がすきやすくなったり、食べる量が増えてもあまり太らないのはこのためです。

エアコンと疲れ
しかし、エアコンが普及したことによって、

  • 冬に体の熱生産を増加させるする必要がなくなったこと
  • 夏の基礎代謝が低下している時ににクーラーで体を冷やしてしまうこと

が原因で、多くの人の基礎代謝の調整機能が低下してしまっています。

基礎代謝の調整機能が低下してしまうと、適切な体温を維持して良好な血流状態を維持できる体ではなくなってしまいます。
つまり疲れ取れにくい体になってしまうのです。

疲れの取れやすい体を取り戻すために、快適な部屋の中だけにいるのではなく、外出して散歩をしたりして季節を感じるなど、季節に沿った気温の変化、寒さ、暑さを感じる生活を心がけてください。


[cft format=2] [cft format=3]

奥村英樹

10,406 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報