食べ物と性格1

心と脳
幸せ+のコツ

脳と心の関係

心と脳

心は脳という臓器の働きで生まれます。
心は脳で作られた電気信号が神経回路を通って体パーツに信号を出して動かし、その感覚を脳にフィードバックすることで感じるのです。
(苦しい時は胸を締め付けその感覚を脳にフィードバックします)

つまり心の不調は脳の働きの不調ともいえるのです。
ですから、心の不調を考える場合、脳の働きの不調の原因を考える必要があるのです。

脳の不調と栄養素

脳の不調を考える時、食事から摂取した栄養素を考えることがとても重要です。
脳は取り入れた栄養素で脳を作り、活動エネルギーを生み出しているからです。

つまり脳は栄養素が姿を変えたものなのです。
ですから、脳の働きを決定する最大の要因は、摂取する栄養素の種類と量なのです。
(脳は体の状態とも深く連携して心を作り出しています)

今日のまとめ

習い事point

どんな食物をどれだけ食べるかによって脳の働きが変わり
それに伴って心の働きも変わる

奥村英樹

2,487 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報